カーペット掃除に..と買った重曹クリーナーの効果の報告

新しく敷いたカーペットも数ヶ月経つと、新品の色合いはどんどんなくなり、どことなく薄汚れた感じになってきました。

形あるものは全て劣化していくものなので、まあ仕方ないことです。

とはいえ放置するのもあれなんで、カーペット掃除に着手してみました。

カーペット掃除するにあたり買ったもの、それは重曹クリーナーと雑巾

100均で買った重曹スプレーと雑巾

「重曹クリーナー300ml」「綿100%ぞうきん三枚入り」の二点をキャンドゥで購入。

どっちかというと重曹クリーナーがメインで雑巾はオマケです。

重曹クリーナーは界面活性剤やアルコールを使用していない環境に優しい洗浄剤だそうで、普段座るカーペット掃除にはちょうど良いです。

<仕様>
成分:重曹(炭酸水素ナトリウム)
液成:弱アルカリ性
製造元:ロケット石鹸株式会社

100均で買った重曹スプレーをかける

掃除はじめ!

重曹クリーナーを汚れてるであろう箇所にスプレープシュ。

そして、サッとから拭き。

こんな調子でカーペット全体をまんべんなく拭き拭きしましたところ…

拭き掃除後の様子

掃除終了時にその様子を見てちょっとビックリしました。

右側の拭きに使った部分で左側は拭きに使ってない部分ですが、汚れ具合の差がすごく目立ってました。

そう…これが重曹パワーなのです!(多分)

感想

水拭きでも同じような汚れ具合になってた気もしますが、重曹スプレーの効果だった…と信じとくことにします。

ちなみに…今回はスプレータイプの重曹クリーナーを買いましたが、実際のところパウダー状の重曹でも定量水加えることで同様の重曹水が作れるそうです。

水100ccにたいし、重曹小さじ一杯を混ぜれば、重曹入り掃除スプレーの完成。

100円でスプレー買えるのに重曹水作るメリットはあるの?と不毛な考えもよぎりますが、
濃度をちょっと濃くしたりと調節出来るのがセルフメイドの利点です。

それに重曹パウダーは掃除以外にも消臭材や調理材としても活用出来ます。

活用方法をマスターすれば、暮らしを清潔にしてくれる心強い味方となってくれるので、重曹パウダーはGETしておくことわりとおススメします。

おしまい

参考サイト:https://www.rinnai-style.jp/info/cleaning/popup/bakingsoda.html

【豆知識】重曹スプレーの使えるものとそうでないもの

◎重曹スプレー可なものたちの例

電子レンジ庫内の洗浄、キッチン回りの拭き掃除、プラスチック用品、鏡、スチール用品、衛生陶器、ブラインド

△使用するのに注意を要するもの

畳、カーペット、塗装面、ワックス処理した床など
これらは目立たないところでシミ・変色にならないか要確認です。

◼️使用出来ないもの

水拭き出来ないもの、水が染み込みやすいもの、うるし・ニス塗りの家具類等、アルミ、銅、しんちゅう製品の部品、青だたみ(新畳)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク