部屋の空気を綺麗にしたいんで「竹炭」を置いてみた。

どうも、タニオです。

9月にはいってからというもの、どうにも体調が芳しくありません。
なんか喉が痛いし、口内炎もチラホラ出来てて痛いです。口内炎なんかは一箇所治ったかと思ったらテレポートして別の場所に出来るもんだからなおさら厄介です。
そんなわけでして、ここ最近は気力マイナス気味であまり楽しくない心境です。グハ…

しかしまあ、しんどい疲れた~ばかり言ってもしゃあないので、以前から計画していた部屋の模様替えを始めてみることしました。

予定している作業の中で一番大掛かりなのが、カーペット剥がし。
畳の上にカーペットを敷いてるのですが、長年ずっと敷いていたので下の畳がどうなっているのかけっこう気になってます。
ひょっとしたらカビてるとこもあるかも?
だとしたら、原因不明の疲労が実は床にある可能性は大ということになります。
ん~、どうなんだろ?

ダイソーで買った「竹炭」消臭剤

ダイソーの竹炭

近況報告はここまで。今回はダイソーで買ってきた室内消臭剤「竹炭」を紹介してみましょう。

夏の終わり辺りから、部屋の空気が澱んでいる感じがしてならなかったので消臭作用のある「炭」を買ってみました。

ダイソーの竹炭2

利用場所は、お部屋・車内・トイレ・下駄箱に…とまあ、どんなとことろでも使えます。
けっこう優れものということです。

生産国:中国

ダイソーの竹炭4

箱の中はこんな感じ。

袋は破きませんよ。

ダイソーの竹炭3

箱のまま使用できるということなんでひとまず片隅に置いておきました。

部屋の空気が浄化されてるような気はこの時点ではほぼなし。まあ、即興性を期待しておくものじゃないですね。とりあえず頼むで!ってなところです。

以上

追記1 竹炭も消臭効果の持続期間について

パッケージ裏によると、5~6ヶ月間持つとのこと。けっこう持ちます。

また、「消臭効果が弱まったな~」と感じたら、天日干しして湿気を払うことで消臭効果が回復するそうです。

追記2 「炭」の色々な効果について

せっかくなので豆知識コーナー。

炭といえば、焼肉かキャンプファイヤーくらいしか思い浮かばかった僕ですが、調べてみると色んな効能があることがわかりました。

<炭の効能>

浄水作用、空気の浄化作用、脱臭、防カビ、調湿作用、遠赤外線作用etc

炊飯する時、備長炭を入れておくとふっくら美味しいご飯に仕上がるというのは有名な話。
炭には「多孔質」と呼ばれるスポンジ状のミクロな穴が備わってており、このミクロな穴(微細孔と呼ぶ)から湿気や臭気、その他不純物が吸着され浄化される仕組みだそうです。

こんな手についたら真っ黒になって汚れてしまいそうなものですなのにね。いやなかなか凄い奴なんだな、炭というやつは。
文字どおり隅に置けないやつだよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク