「わらび餅手作りセット」でわらび餅を作って食べてみた

ダイソーで「わらび餅手作りセット」を買ってみました。

夏といえば、わらび餅!

家にいる限り、暑さから逃れることは出来ないので、気分だけでもヒンヤリしてみようと思い、わらび餅ってみることにしました。
調理手順も載せてるので参考になれば幸いです。

てか、ここ最近ダイソーネタがほとんどになってしまってますね〜。
少し偏向な感じがするんで、次回からはなるべく別の100均にも足を運ぶようにしたいと思います。

ダイソー わらび餅1

そんなわけでして、こちらが今回の主役「わらび餅手作りセット」。

前原製粉という会社の製品となります。
国内産さつまいもでん粉100%に加え、国内産大豆を100%使用してるというなかなかの贅沢仕様です。

ダイソー わらび餅2

パッケージの裏。
作り方が詳しく書かれてるので、調理素人の僕でもなんとか作れそうな気になりました。

ダイソー わらび餅3

開封すると中はこんな感じ。
わらび餅粉袋ときな粉袋2つ、そしてわらび餅をより美味しく食べるための特ダネ的なメモ用紙の合計3点です。

こんだけ入って値段は..なんと100円!
ん~安い。
スーパーとかだと幾らなんだろう?

わらび餅作り実践

それでは、実際に作ってみたいと思います。
用意するものは、次のとおり。

・鍋
・しゃもじ(的なもの)
・スプーン(的なもの)
・軽量カップ(400mlの水が必要なので)
・氷水を入れるためのボール(わらび餅を冷やします)

わらび餅の作り方1

まず、わらび餅粉と水400mlを鍋にいれてダマが出来ないようかき混ぜます。

わらび餅の作り方2

牛乳みたいです。

わらび餅の作り方3

そして次、コンロの強火でコトコト煮、ゆっくりかき混ぜます。

わらび餅の作り方4

すると、だんだん粘りのある固まりが形成されていきます。
この辺りで強火から中火に落とします。

わらび餅の作り方5

しばらくかき混ぜてると、だんだんわらび餅的な雰囲気になってきました。

わらび餅の作り方6

はい!
でっかい一つのわらび餅、いっちょあがり!

わらび餅の作り方7

さて、お次はわらび餅の冷やし作業です。

わらび餅の作り方8

熱せられた巨大わらび餅をスプーンなどで一口サイズにして氷水に放り込んでいきます。

わらび餅の作り方9

そして、水切りします。
一応、これでわらび餅作りは終了です。

おつかれさん、俺!

食べてみる

わらび餅の出来上がり2

そのままきな粉をかけて食っても良いのですが、それだと味気ないもの。
なので、お椀によそって食べてみることにしました。

わらび餅の出来上がり1

それでは..頂きます!!

こ、、これは??

ま……まさか!?

砂糖..

入れ忘れてました(笑)

zukoneko

感想

以上、わらび餅の手作り実践でした。

調理にかかった時間はおおよそ30分くらい。
その他、色々と準備が必要になるのでめっちゃ手軽とは言い難いですが、作り方そのものはいたってシンプルで調理能力の乏しい僕でもなんとか作ることが出来ました。

味についても、中々美味しいような気がしました。
でも、なにぶん水道水で作ったので、水にこだわれば料亭で出されるようなのと遜色ない美味しいモノに仕上がったような気がします。
よし、次回は良い水を使うとしよう。


これ一つで3人前作れるので市販パックのわらび餅を買うよりもずっと量が多く作れます。
わらび餅をワシャワシャ食べたいという人にオススメです。

最後、
きな粉は上でも記載しましたが、砂糖は入ってないので自分で入れ足す必要があります。そのままかけて食べたら高確率でむせるしまうので要注意です。

おわり


わらびもちってゼロカロリーだと思ってた時期がありました。当然そんなことはなく、カロリーは低めですがちゃんと存在してます。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク