バイク鍵の紛失防止に役立つもの、それは「スプリング式キーホルダー」

こんばんわ、タニオです。

先日、バイクに乗って少し遠出をしてきたんですが、そこでちょっとしたハプニングに遭遇しました。とあるコンビニで休憩した直後のこと。再びバイク(ってか原付2種だけど)に乗ろうとしたんですが、、ポケットの中に入れたハズのバイク鍵が見当たらなかったんですね。

(あれ?あれあれあれ??鍵が..なくない?)
(あれ?やばい本当にない..。これちょっとやばいかも..?)

家から遠く離れた場所での鍵なくしだったので正直、かなり焦りました。。

ポケットに入れたはずの鍵がないということはじゃあ一体どこにあるの?って話ですが、もうその辺に落っことしてしまったとしか考えれません。
そこで、ひとまず冷静になって自分の行動を一からトレースしコンビニに戻って床をグルーっと見て回ることに..。

すると、鍵はレジ前にポトッと落ちてました。(フゥ..助かったーヤレヤレ)

というわけで、問題はアッサリ解決し事なきを得たわけですがよくよく考えてみるとけっこう怖いことなんですね。だって落とした場所がコンビニじゃなくもっと広い場所だったとすれば?どうだったでしょう。ひょっとしたら見つけられず途方にくれてたかもしれません。。

警察に届いてないか?確認したり、家へどうやって帰るか?バイクの回収はどうするか?など等..たった一個の鍵を失ったことで生じた問題はそれなりに大変なものだったと思います。

時間を費やし、お金も失い、そして得るモノはナシ。鍵を失くすということはただただ損なだけです。
少し前置きが長くなりましたが、今回のことをきっかけに鍵の管理の仕方をもう一度見直してみることにしました。

※2015年8月15日投稿の編集記事です。

フック付きロングスプリングキーホルダー

100均 スプリングキーホルダー

というわけで、今回の100均ネタこちら。鍵をなくさないようにするための最善の方法はとにかく「うっかり落とし」が起きないようにすれば良いという話。そこでズボンと鍵を結ぶのにヒモ的な物がないか?と探してみたところ見つけたのがこのフック付きのスプリングキーホルダーです。

購入店:セリア
スプリングの長さ:40m
材質:ABS樹脂、ポリウレタン、鉄、鉛
製造販売元:㈱セイワ・プロ

100均 スプリングキーホルダー

パッケージ裏面には「貴重品を取り付ける商品ではありません」と記載されてました。
バイクの鍵はそこそこ貴重品ですが、この際目をつぶりましょう。

100均 スプリングキーホルダー

フック部分。よくよく見るとけっこうチャチなつくりかも?

100均 スプリングキーホルダー

鍵の取り付け部分も小ぶりなリング輪っか。もっと頑丈なのが良い気もしますが、この小さなリング輪っかだと車体に干渉しない(傷がつかない)という利点もあります。

感想

現在、ズボンのベルト通しに引っ掛けて使用。見た目は少々チャチっぽいですが金属(チェイン)タイプと違ってジャラジャラ音がしないのでわりとオールマイティに使えそうです。

スプリングの長さは40センチとちょっと長過ぎかな?と思いましたが使ってみると全然そんなことはなく良い案配ですよ。
ポッケから取り出し、そのままバイク鍵穴に差し込んですぐエンジンON!!伸び縮みするスプリング式ならではの利便性を十二分に活かせてます。

結論、これがワシ的ベスト長さじゃ!

最後、バイカーの人にアドバイスをひとつ。

ロングツーリングする時はですね、鍵をなくした時に備え財布の中などにスペアキーを一つ忍ばせておくのも大事です。保険的な意味で。
スプリングキーホルダーを介すことでうっかり落としはほぼなくなりますが、過去一度だけブチッと切れたことがあります。
出先でそうならないとも限らないので、緊急事態を想定した準備はしておいた方が良いかと。
鍵がなくなった瞬間の恐怖は本当寿命を縮めますからね..。

おわり

追記 2018年5月30日

バイクキーチェーン1

あれから一度交換を実施し、その交換したものも先日根元からブチンと千切れてしまいました。
耐久的には1年と半程度持ってくれたので
そんなには悪くはないです。

バイクキーチェーン2

ってなわけで新たに交換。毎度のことながらブラックカラーを選択。
気分を変えてホワイトにしようか思いましたが青のジーンズに白は全然合わないのでもう黒でいきました。


ニッサチェイン キーチェイン 30cm No.2 黒ニッケル
ニッサチェイン キーチェイン 30cm No.2 黒ニッケル

金属のキーチェインは見た目はカッコいいですね。ジャラジャラ音がするので使いどころは限定されそうですが。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク