100均商品の末路..カビ画像につき閲覧注意

なんてこともない日常の一風景。お風呂に浸かりながら、ふと立て掛けられた洗濯板に目を向けるとある異変に気付きました。

いや、前々からその存在は知ってたのだけれど、あえて見ようとしなかった..というのが正しいのかも。

異変の正体は…カビ!

プラスチックの洗濯板をようく見たらカビッカビになってめちゃくちゃ放置されてました!
ってかコレ、僕が100均で買ってたやつやん。

洗濯板のカビ

Thie is カビ洗濯板。以前キャンドゥで買った洗い用のプラ板でして、風呂場には2年くらい放置してた気がします。

ひと目で分かるカビカビ具合。どうして今まで見過ごされてきたのか?なんで家族(僕も含め)みんなしてダンマリ決めてたのでしょうか?

洗濯板のカビ2

裏もカビ!

洗濯板を洗う

もう知らんぷりするわけにはいかない
ので、とりあえずスポンジと食洗で洗ってみました。

洗濯板を洗う2

…カビは手強いです。

スポンジと洗剤だけでは細かい部分は取り除けないんで…。

煮沸

熱湯で煮沸消毒をしました。

これでカビ胞子は死滅してくれるハズ。

ハイター漬け

そして最終処理として、キッチンハイターでつけ置き。

洗濯板復活

これでカビ洗濯板は綺麗になって復活しました。うん、これは新品の輝きだ。

感想

最初見た時は、

「もう捨てようよ!」

という考えはないでもなかったです。どこまで復活出来るのか試してみたら、想像してたよりずっと復活したんで結果オーライ。
今後もこの洗濯板で洗い物をしていきます!

それより、今回は自分含め家族に対し呆れてしまいました。よくもまあ..ここまでカビるまで放置してたもんだよな〜と。。

家族も気付いたら注意してくれれば良いんですよ。こんなカビてんだからさ。
なんというかズボラというか無関心過ぎな家族です。今度、注意しとく!

おわり

追記「カビに注意しよう」

100均で買った商品の中では、使われることなく放置してしまってるアイテムはけっこうあります。

今回のように誤った場所に放置してると「カビ地獄」に陥りかねません。くれぐれも湿気のこもる場所に長期放置するのはやめときましょう。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    先生、それ。『洗濯板』
    たらいじゃありません モノ知らなすぎて恥ずかしいですよ?

    • タニオ より:

      ご指摘ありがとうございます。
      たらい洗いという言葉が先行してしまい一緒くたに考えてました..。