ダイソーの高感度BLUELEDマウスはちゃんと使えるのか?を実践報告

どうも、タニオです。

GWに行った旅行以来どうも散財癖がついたのかお金がどんどんなくなっていく今日この頃です。

たいして欲しい物があるわけでもないのにどういうわけかお金がどんどん減っていくのだから暮らしというのは不便なものです。

…今一度、身を引き締め直し、質素倹約に取り掛かろうと思います。

ダイソーの高感度BlueLEDマウス

P5110522

さて、今回の100均ネタへ。買ったのはこちら、「高感度BlueLEDマウス」。ダイソー的には新製品です。

ダイソーマウスはこれが初ではなく、旧マウスに光学式マウスがありました。そちらも持ってますが、使用感は後述で….。

とにかく、こちらはBlueLED方式のマウスであります。

BlueLEDの解説は次のとおり。

光学式マウスと比べて波長が短く、空気中の分子にぶつかりやすい為、反射率・拡散率が高く、わずかなホコリや凹凸を照らし出すことが可能です。 ガラス、布の上、真っ白な紙、デスクの上でも動作可能です。とにかくどこでも使いたい方にオススメです。
引用元:
http://buffalo.jp/product/input/mouse/mouse-guide/read-mouse/

従来の光学式(赤色)マウスとどう違うのか?の、一番の差はBlueLEDだとガラスやフィルムといった光沢のある面の上でも読み込みが出来ることです。

そんなハイブリッドなマウスが100均ダイソーで販売されるようになったのだから実に驚きです。

P5110523

対応OS。

windows、macともに対応しててむしろダメなの教えてって感じ。

P5110527

手に持った感じは…まあ普通かな。

P5110528

裏を見た印象は…まあこんなもんかな?って感じ。

む…‼︎? made in china.

P5110532

PCに接続してみよう。

ど…どうだ?! おおおお…無事、認識!!しかもマウス全体がBlueに光ってるぅぅぅ!!!(目が…目がぁぁあ!!)

感想は…これはヤヴァイ

ガラス面や平らな面でも読み取りが可能という触れ込みだけあって、今までの光学式マウスよりも読取精度は幾分高いように思えました。

体感はしないけどそんな気がすごいしました。

いや!試しに、下敷きの上でマウス操作しましたがちゃんと反応しましたよ。素直にスゲェー!

なので、マウスパッドのないところでも下敷きさえあったら操作が可能ということが分かりました。
そう考えると、やっぱりかなり便利なマウスですね。BlueLED方式ってやつぁ。

おわり

追記 ちょっと気付いた微妙なところ

クリック音が多少大きいのは気になりました。
カチッ…カチッ…とちゃんとした音が自己主張して鳴り響きます。

なので、静かな場所でパソコン操作する人にはちょっと厳しいかも?ね。自分は許せても周りが「うるせーなもう」と思うものだから。

質感も…前買った光学式マウスより若干アップしてますが、それでもオモチャっぽい感じは否めずです。

総評的には概ね満足ですが、満点とは言えない理由はこんなところですね。

うーん…でもまあ、ダメってほどでもないんで僕的には及第点です。

追記2 問題発覚!

使ってるうちに、マウスのホイル(真ん中のクルクル回すやつ)が全然反応してくれないことに気付きました。

ひとさし指でクルクル回すホイル部分ですが、いっさい反応してくれません。涙

これが反応しないおかげで、ページ下まで動かす時、スクロールバー使ってマウス操作しないとならず、閲覧快適度大幅ダウンです。

パソコン再起動しても状況が改善しません。(><)

ドライバに問題があるのか?とか色々調べましたが分かりません。

これはひょっとすると不良品に当たったということかも?…だとするとかなり損した気分です。
このままじゃ哀し過ぎるんで返品もしくは交換交渉してきます。

たまにはこういうこともあるさ…。トホホホ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク