かもいフックはヘッドホンスタンドに使えるのか?使えないのか?

ご存知、かもいフックとは住まいの「鴨居」部分に取り付ける吊り下げ用のフックのことです。

このフックを使うと、

鴨居にハンガーやゴミ袋が引っ掛けれるようになるからけっこう便利なのですが、実はヘッドホンの「吊り下げスタンド」にも使えるという噂…はないですね。

でも、ちょっと試してみたんで使用感を語っておきます。

初代かもいフック式ヘッドホンスタンドとその結末

机の端っこに引っ掛けたら、「かもいフック式ヘッドホンスタンド」の出来上がり。

どうです?ヘッドホンをかけたくなる案配でしょ?

パッと見は「いいやんコレ!」ってな感じでした。

ですが、

しばらく使ってるとフックごとボテっと落ちてしまうんで、この初代かもいフック式ヘッドホンスタンドは早々にお蔵入りすることとなります。チーン

2代目かもいフック式ヘッドホンスタンドの誕生

初代かもいフック式ヘッドホンスタンドから数年が経過。

長らくヘッドホンスタンドを必要としない生活でしたが、最近新しくヘッドホンを買い足したので再びかもいフック式ヘッドホンスタンドを作ることにしました。

かもいフック

そして、この度使うこととなったかもいフックがコレ、その名も「ワイドフック」です。

前のかもいフックより、こちらは耐荷重量が2Kgと幾分重たいものでも引っ掛けれるようになってます。

これならば…うん、期待したいところだぜ!

長年愛用してきたビクターのRX700を試し掛け。

一応、吊るせるには吊るせてますが、かなりアンバランス…というかただ引っかけてるだけです。

こりゃ、ちょっとした振動で落ちてしまうね。

ところが、新しく買った(クリエイティブのアルバナライブというやつ)のだとわりと良い感じ。

目的達成度でいえば半々といったところだね。

結局のところの感想

ポータプロやアルバナライブのように軽量タイプのヘッドホンならば、かもいフックは十分実用可能みたいです。

反面、RX700みたく大きめのヘッドホンにはちょっと無理があるみたい。

フック部分があんまし長くないので、バンド部分が広いと半端にしか引っ掛かりません。

僕的にはかもいフック式ヘッドホンはなかなか良いアイデアだと思ってますが、ヘッドホンを選んでしまうのであまり普及することはなさそうです。

ちょっと残念です。

おしまい

追記 バナナツリースタンドもあるよ

わりと有名なネタですが、バナナツリーがヘッドホンスタンドの使える!っていう話です。

RX700の方はかもいフックスタンドに不適合だったので、こちらはバナナツリーに吊るしておくのも良いかも?


audio-technica ヘッドホンハンガー AT-HPH300

まったく同じ理屈のヘッドホンスタンド(ハンガー)が売られていました。専門メーカー品なのでこっちのがガッチリと固定してくれそうな感じです。
audio-technica ヘッドホンハンガー AT-HPH300


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメント

  1. noise より:

     参考商品を見て片持ち式のペーパータオル・ホルダーに似てると思いました。
    場所によっては、マグネット式のペーパータオル・ホルダーが使えるかも知れませんね。
     私はラックの側面に取り付けたワイヤーネットに、ロングタイプのフックを付けてヘッドホンをかけています。

    • タニオ より:

      コメントありがとうございます。
      写真のパソコンデスクはすでに処分したので今は完全に床置き状態です。
      部屋が狭いので大型サイズのヘッドホンを買ったのはちょっとした失敗でした。
      ワイヤーネットを使う方法は、今後の参考にさせて頂きます。