【多機能搭載】ダイソーの4WAYキッチンタイマー使い勝手レビュー

どうも、タニオです。

今日もどっちかというとなんとなしGETしたアイテム紹介です。

ダイソーで「4WAYキッチンタイマー」なる新アイテム?が並んでたのでひとつ買ってみました。

4WAY…すなわち4つの機能を搭載したハイブリッドなキッチンタイマーでして、なんと温度計機能まで付いてるとのこと。

ちょっとすごくない?そうでもない?
ほいじゃ、どんなものかサクッと見てみましょう!

ダイソーの回して機能を変える「4WAYキッチンタイマー」

外観

ダイソーの4wayキッチンタイマー

すでにパッケージから開封して時刻設定済みですが、こちらがその「4WAYキッチンタイマー」。
ダイソー200円アイテムです。

箱に「回すと機能が変化」と書かれてるとおり、本体を回転させると…即座に機能が切り替わる!という仕組みのようです。

切り替わる機能は「時計」「アラーム」「タイマー」、そして「温度計」の4つ。

200円アイテムとやや高めですが、一機能50円と考えれば格安ですね?

機能

「Time」の表記が上に書かれてますがこちらが「時計モード」。

時刻だけでなく日付、西暦、今日の曜日まで表示されてるのでわりと本格的です。

この時計モードから別のモードに切り替えするには、本体を回転させるだけ。

試しに右に90度に回してみると…

すると「Alarmモード」に切り替わりました!

Alarmモードは目覚まし機能と同じで鳴らしたい時刻にセットすれば、その時間になるとアラーム音が鳴って知らせてくれます。

※一度アラームをセットしておけば時計モードに戻してもアラームは鳴ります。

もういっかいクルリ回すと次は「Timerモード」に。

これがいわゆるキッチンタイマーでして99分99秒まで設定が可能です。

時間をセットした瞬間からカウントがスタートし、時間が0になると「ピピッ!ピピッ!」といかにも電子音なアラーム音が鳴ります。

そして、最後のモードが「温度計モード」。

部屋の温度が分かります。。

温度計の精度はちょっとよくわかんないですが…タニタのやつと比べたかぎりではだいたい同じ数値でした。

本体の裏

背面には電池入れ(単四2本別売)、ボタン2カ所、スピーカーが付いてます。

ボタンは「SETボタン」と「UPボタン」の二つのみで、時刻設定やアラームの設定はこの2ボタンで操作します。

詳しい操作方法は説明書に書いてますが、読まなくても直感で分かる程度の簡単なものです。

感想

Goodなところ

・ボタン電池じゃなく単4電池で動作すること
・一度設定した内容は本体に記憶されるので、再設定する必要がないこと
・本体を「Alarm」or 「Timer」モードに置きかえるだけですぐさまカウントがスタートすること
・販売ラインナップが白・黒・グレーと豊富なこと

イマイチな部分

・タイマーとしての操作感はあまりよくはない(ボタンが二つしかないし、傾けるとSETボタンの位置が手探りし辛くなる)
・ボタンを押すたびにピッピッ音が鳴るので五月蝿い
・パネルが光らないので暗いところでは操作しにくい

◼︎総評

キッチンタイマーとしての使い勝手は微妙な面もありますが…細かな設定を必要としない人には重宝しそうなタイマーですね。

クルリ回すだけでタイマーセットが出来るので世話ないっちゃ世話ないです。(吉)

具体的な使いどころとしては、
例えば…

  • 小一時間だけ眠りたい(遊びたい)場合のタイマーセットに
  • 茹でタマゴ用のキッチンタイマーに
  • お風呂沸かしの見張り番代わりに

といったケースを想定して使う人にはまさに打って付け。

僕は…しょっちゅう眠たくなるので小休憩用の目覚ましタイマー代わりに使ってこうと思います。
キッチンタイマーは電卓っぽいやつのが優秀です。(ボソ…)

以上

【オマケ①】製品仕様

◼︎材質
画面 ポリカーボネート
本体 ポリエチレン、ABS樹脂
使用電池 単4二本(アルカリ乾電池推奨
)
使用温度範囲 0度〜50度
温度表示精度±3度

【オマケ②】見落としがちな機能

◼︎時計
「:と曜日」が点滅した状態でUPボタンを押すと、12時間表示と24時間表示の切替ができます。午前はAMの表示はありません。

◼︎アラームとタイマー共通
・音の止め方
SETボタンかUPボタンを押す。もしくは本体を回転させる。
・設定を解除
SETボタンを押す

◼︎裏技
ってほどでもないけど、UPボタンを長押しすれば分・秒数設定を早送りできます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク