引き戸がガラガラ煩い時は敷居溝テープを貼ってみると良いよ

「初春の令月(れいげつ)にして、氣淑(きよ)く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後(はいご)の香を薫す。」
万葉集32首 「梅花の花」より

新元号が「令和(れいわ)」に決まったそうでして、その由来となったのが万葉集の詩からだそうです。

意味は知らんけど、たおやかというか冷ややかというか、涼しげで汐らしい印象が伺えるネーミングじゃないか、と。まーまー良いんじゃね?って感じ。

というわけで、今月をもって平成は終了です。

あの頃(平成時代)は良かった…とならないよう明るい時代を目指し、日々邁進していきたいものであります。

引き戸に敷居溝テープを貼ってみた結果…?!

100均で買った敷居溝テープ

そいじゃま、平成最後の四月。はりきって100均ネタといきましょう!!

今回は「敷居溝テープ」なるものを紹介してみるとしましょう。

見れば分かると思いますが、敷居溝テープは引き戸の溝に貼ることで、溝の摩耗を
防いだり戸の滑りを良くするためのシールテープ
です。

部屋の戸の開け閉めする際、ガラガラガラ…の音がするのですが、ここ最近は前にも増してうるさくなってきた(気がする)んで音対策に一つ購入しました。

開封すると、こんな感じ。普通のテープより厚みがありけっこう硬い質感。

色合いは、わりと木に近いですが家の溝に合うかどうかはこの時点ではまだなんとも…です。

<商品概要>
・材質 特殊ポリエチレン
・サイズ 横18mm×長さ1.8m。
・木肌色
・発売元 モリトク
・製造国 made in japan.

購入店はセリア(だったと思う)

それでは、貼ってみる

戸を外すのにタンスをどかしたので、一気に体力ゲージ消耗。

ボロい敷居

敷居を見ると…ホコリと汚れと経年劣化が組み合わさってなんかスゴい状態になってました。

テープ貼る前にまずゴミや汚れを掃除しないとならないようです。

これで良いのか悪いのかエタノール拭きあげしてたら、ホコリを吸い込んだためかゴホゴホ咳が止まらなくなりました。

最初は、掃除機をした方が良いですね。

溝の沿って、テープを貼り付けていきます。

敷居溝テープを貼る

幅はほぼピッタシ。長さも1.8mで足りました。

見た感じはまあまあフムフム…といったところ。敷居が汚いせいで取ってつけた感はなきにしもあらず。

そいじゃあ、開け閉めしてみよう。

(ガラガラガラ…)

の音はしなくなっただろうか?多少はしても仕方ないかな?などと思いつつ開け閉めしてみたところ…ハッ!!?

スススー…. スススー…

ススススー…(お、、おおおお!!?)

ガ…ガラガラ音が全然しないぃぃぃいいーーーーー!!!!!!!!!!!!!!

素直にすごいと思った。

貼ってみた感想

もう一回言いましょう。「素直にすごい!」。

今まで戸を開けるたびにガラガラガラガラ鳴ってた音がほぼ無くなり、ススススーと静かでスムーズな開け閉め具合になりました!

ずいぶん前に、同じ目的でカルボナワックスを塗ったことがありますが、そんなのとは比べ物になりませんよ、これ。
こんなに効果があるのなら、もう「最初から付けといてくれ!」というレベルです。

というわけで、他人からすればぜんぜん面白みないアイテムでしょうが、
僕的には2019年度入りしてから一番実用性を感じたアイテムでした。

お袋に見せたら「良かったね」と感心されました。だから他の部屋の敷居溝にも貼ることにします。
家中の戸のガラガラ音を無くし、静かな暮らしを満喫したいと思います!

おわり

おまけ 敷居をリフレッシュしておいた

革の達人ワックスを敷居に塗る

敷居全体が見るに忍びない様子だったので、掃除&ワックスがけしてみました。

使ったワックスは「革の達人」という革用品用のやつなんですが、意外にも効果は高かったようで木の質感が蘇りました。

ワックス効果をここまで体感したのは初めてですね。
素直に…万歳 \(•̀ㅂ•́)/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク