ダイソー飯!電子レンジで炊くご飯容器一号炊き

こんばんわ、タニオです。

今回は100均商品で作る飯コーナー!です。
料理名はそのまんま「ご飯」。
ただ、お米を炊いただけ、という超シンプル料理です。

ダイソーで「レンジで作るご飯一号炊き」というプラスチック製の調理器具が売られていたので、これなら僕でも簡単に作れそうだなぁ..となんとなしに買ってみました。

ダイソー ご飯 炊く

コチラが噂の電子レンジ式調理器具、「ご飯一号炊き」です。
少し前に紹介したレンジでチンするラーメンのご飯バージョンですね。

ダイソー ご飯 炊く

内容物は、
フタと中蓋、そして説明書が一枚のみ。
ガチャガチャの景品かよ!

さっそく炊いてみる

電子レンジ ご飯 炊く

手順をサッと解説します。

①水で研いだ米一号を容器に入れ、水200mlほど注ぎ30分ほど放置して米に水を浸透させる

米を水でふやかす作業です。
こうしないと米の芯が固くなって不味くなります。
僕は面倒なのでそのままレンジでチンすることにしました。

ダイソー ご飯 炊く

②中蓋を入れ、フタをしっかりしめる

電子レンジ ご飯 炊く

③レンジでチンする

時間については以下のとおりです。

(難しいバージョン)
・500Wの電子レンジの場合
6分加熱した後、弱に切り替えて再度12分過熱
・600Wの電子レンジの場合
5分加熱した後、弱に切り替えて再度12分過熱

弱モードがない場合は、150~200wに設定して過熱します。
上のが少しややこしいという人は、簡単バージョンで作ることも可能ですが、味は多少落ちるかと思います。

(簡単バージョン)
500Wの電子レンジ
7分加熱する

600Wの電子レンジ
6分加熱する

ちなみに、今回は簡単バージョンでやっています。

レンジ待ちしている間は暇なので、調味料を見ていたら賞味期限の切れた焼肉ダレを発見。
フタを開けたらなんともいえない濃厚な酸味臭が漂ってきました。
古い調味料は体に危険ぽいので注意しよう。

電子レンジ ご飯 炊き方

さて、レンジが終わったようです。

電子レンジ ご飯 炊く

それでは、いただくとするか!

いやいや、まだ早いです。
ここで一度フタを開けてご飯かき混ぜた後、再びフタをし直して10分〜15分程待ちます。
いわゆる蒸らし作業です。
けっこう面倒です。

電子レンジ ご飯

蒸らし完了です..ね。
おお、美味そう!!

電子レンジ ご飯

晩飯弁当の残り野菜をテキトウに入れて青じそドレッシングをかけました。
メインディッシュの納豆はタンパク質豊富だし胃に優しいので夜食にピッタリです。

それじゃあ、いただきます!

簡単!でもない..

レンジでチンしてご飯が炊ける!
↑これだけ聞くと、なんだかお手軽で簡単そうな感じでしたが、実際はというとけっこう手間がかかりました。
費やした時間はどのくらいだろう?
ちょっと計算してみました。

米を研ぐ(3分?)

米をふやかす(30分?)

レンジでチンする(7分)


かきまぜて蒸らす(20分)

説明書に書かれてた簡単バージョンで炊いてみても、それでも合計1時間近くかかってしまうことになります。
なんか微妙〜ですね。
10分以内でサクッと出来たら最高なんですが..。
チンしたら本当にすぐ出来る「サトウのご飯」の利便性の高さを再確認するに至りました。

サトウのごはん 新潟県産コシヒカリ 5食パック

味についてはどうなんだ?

最初のふやかし作業をはしょったせいか芯がかなり固かったです。
多分、ふやかし作業をキチンと行ってればもう少しマシな味になったと思います。
しかし、現時点では芯の固い飯をモソモソしながら悲しく食べた..という感想しかないですね。

結論、
手間はかかるし、味も炊飯器に比べて美味しくない。
さらには、レンジでチンする時間が長いぶん電気代も相応かかります。
餅は餅屋、ご飯にはジャー炊飯器が一番です。

このレンジ式ご飯釜を使って極上のご飯を炊くことが出来る人はかなりの料理上手だと思います。
その才能を活かして、料理道を突き進んでみても良いのではないでしょうか?

おわり

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク