ニッケンの高級?カミソリ「首振り3枚刃 スプラッシュ」の感想

ここ数年、髭剃りに100均カミソリを愛用してきた身として断言できるのは、ニッケンかみそりの2枚刃「首振り式&スムーザーTE」が自分には一番マッチしていた!ということだ。

「首振り式&スムーザーTE」は、少々雑に剃っても肌が切れることがなく、また驚くほど長持ちしてくれた…。

僕にとっては“キングオブ使い捨てカミソリ”だった。……今となっては過去の話だが。

ニッケンかみそり 首振り3枚刃Splash(スプラッシュ)

話はさておき、今回はニッケンかみそりの首振り3枚刃「スプラッシュ」をレビューしてみよう。

ワッツで見つけた一本入りの高級?カミソリである。…いや高級ではないか。だが、少なくとも高品質なカミソリには違いない。

その根拠はパッケージに書かれた文面からなんとなく伺える…ハズ。

・ビタミンE、アロエ成分配合のスムーザー
・刃を長持ちさせるセラミックコーティング
・滑りにくいラバーグリップ

とりわけ、刃がセラミックコーティングされてるのはちょっと新鮮な響きに思えた。というのも、高価な刃物にはチタンだのセラミックだのがコーティングされてることが多いからだ。

<仕様>
材質/ステンレス銅
刃先処理/セラミックコーティング
板厚/0.10mm
硬度/HV640±30
スムーザー/水溶性ポリマー
材質/ポリスチレン
ゴム/TPE
サイズ/幅44mm 長さ130 厚み17mm
キャップ/ポリプロピレン

made in USA.

太い柄にストレートな青のラバーグリップのボディ。

一見、大雑把なデザインに思えるが、立体感ある曲面加工のためチープな印象はそれほど感じない。むしろホビーなデザインといった方が良さそうだ。

だが、厳し目に見て108円以上のデザインでもない。これは難しいところ。

サイドの滑り止め加工も広い範囲でカバーされていた。

首振りはこんな感じ。

少し固めの動きで可動域は広くはない。動いた分は離すと戻る。
遠目で知り合いに会ったオッさんが会釈するような動き方…といえば分かりやすいだろう。

刃はステンレスの3枚刃。刃先処理にセラミックコーティングが施されているため、切れ味の向上&劣化(錆)に強いのが特徴である。

上下に備わったスムーザーにも期待したい。

剃ってみた感想

冒頭でも書いたが、実は「首振り式&スムーザーTE」を買いたかったのだが、それが見当たらなかったので代わりにあったこの「スプラッシュ」を買ってみた次第。

言ってみれば代用で買ったので、駄目で元々な感はあったのだが…剃り心地は、、、「案外悪くない」という結論に至った。

やや固い剃り味だが、滑るには滑る。問題ない。
深剃りする時によくある“皮膚削れ”の感覚は、少しあったが出血には至らず、剃った後のヒリヒリ感も…許容範囲にとどまった。

▼剃った後の様子(客観的に見ると剃り残しがやや気になるが、こればかりは時間をかけるしかない)

もしスプラッシュが4枚刃以上だったら、肌へのダメージを体感してたと思う。3枚刃はギリだった!

よって満点ではないが、十分使えるカミソリだったと評価しておく。

本音を言えば、2枚刃の「首振り式&スムーザーTE」が欲しいのだが、見当たらないので今しばらくはこのスプラッシュを使うことになりそうだ。

***

それにしても見つからないのはどういうわけか?…いや、「首振り式&スムーザーTE」のこと。

置いてたハズの店が急に取り扱わなくなったのだ。

他の100均へも行ってみたが置いておらず、最後の砦だったワッツへ向かったところあったのが今回の「スプラッシュ」というわけだ。

ニッケンかみそりは、知名度はイマイチだけど製品としてハズレは少ない…ように思える。各100均店さんにはもっと積極的に取り扱ってもらいたいものである。

以上

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク