噂のダイソー300円ランタンライトをGET!ロング点灯可仕様だけど、どんなものだろか?

ダイソーの300円ランタンライト2

風の噂でその存在だけ知ってた、ダイソーの300円ランタンライト。これはイイ!と好評だったようですが、探せど探せど見つからず僕的にはわりと幻なアイテムでした。

ですが…この度とうとう手に入れましたz

近場のダイソーで…入荷されてたあぁぁぁああーー!!!
やったぁぁあ!嬉しいぃぃぃ!!!

というわけで、すかさずGET。

300円ランタンライトのパッケージ

スペックは以下のとおり。

品名:伸縮ランタンライト(6SMD)
サイズ:横8.5cm×縦8.5cm×高さ12.2cm(収納時)、横8.5cm×縦8.5cm×高さ25.5cm(展開時)
連続使用時間目安:43-48時間
ライトの色:電球色
明るさ:約100LM
本体カラー:ブラックorガンメタル
本体材質:ABS樹脂、ポリエチレン、スチール

300円ランタンライト

重量感あるメタリックなボディ。大友克洋の描くスチームパンクを彷彿させるデザインです。
いやいや、ロマンを掻き立てられます。

ただ、本体は金属製じゃなくてABS樹脂製。ここはちょっと残念…かなぁ?ま、300円だし仕方ないか。

さて、使い方。

こちらは「伸縮式」のランタンライトですのでボタンは存在しません。取っ手を持って本体を縦方向に伸ばすと..。

ダイソー300円ランタンライトの様子

ペカッ!します。

他に機能は? ないない。これだけ。はい、いたってシンプル!

ランタンの灯り

6つのSMDからなるライトの明るさ(光束)はおよそ100LM(ルーメン)。

amazonとかで類似品を見るともっと明るいランタンライト(500とか1000とか)は存在してますので明るさ自体はさほど..程度のものです。

ですが、点灯時間が約43-48時間とロングなのは大きな特徴

点灯時間はLEDの明るさに反比例して短くなる傾向ですんで、このランタンは明るさより点灯時間を優先された仕様のライト、といえましょう。

100ルーメン

ライトカラーは穏やかな電球色。

単三電池

使用電池は単三型が3本。

たった3本で40時間オーバーも連続点灯出来るなんて、にわかには信じ難い気が..。いやま、それは後ほど調べてみることにします。

押入れ ランタン

ライトの明るさが実用性あるものかどうか?は、それはご覧のとおり。

真っ暗な押入れの中で灯してみたところ、どこに何があるか?くらいは十分分かるレベルの明るさはありました。

300円ランタンとタニオ

電気を消した部屋でもこんな感じに。

ランタンと外

お外で使うとこんな感じに。

いやいや、100LMもなかなか侮れませんね。ライトの影響範囲は半径3mくらいですが、円形に周囲を照らすんで不思議と安心感ある明るさを体感できます。

ランタンライトの連続点灯時間を調べてみた

ここからが、ある意味本題。

上でも書きましたがこのランタンライト、一応48時間程度の点灯が可能となってます。

単三型3本で48時間とは…。「この数値、本当かよ〜?」と疑う自分が少なからずいました。だって長過ぎるもの。

そこで真偽を確認すべく、新品の単三電池を無駄にすることになりますが、電池がなくなるまで点け続けて確認してみることにしました。

<テスト実施>

夜8時40分(点灯ON)

朝8時点灯確認(12時間経過)

夜8時点灯確認(24時間経過)

そして、48時間が経過…。

画像なしで恐縮。しっかりやったよ。
丸二日に渡ってのテストでした。さて、ランタンライトは点灯し続けているのでしょうか?

はたまた消灯してしまってるのでしょうか?その答えや如何に!?






では…結論を言いましょう。

ダイソーランタンライトの丸二日間の連続点灯を

確認できましたぁぁぁああぁあーーー!!

(おおぉ、すげぇぇ!!!)

電池挿入時に比べると明るさは減りましたが、それでも活動可なレベルはキープされてます。

それより、48時間の連続点灯可が本当だったのはマジサプライズ!疑った自分が恥ずかしい。

感想

明るさ ★★★☆☆
点灯時間 ★★★★★
見た目 ★★★★☆
耐久性 未知数
コストパフォーマンス ★★★★★

数値化するならこんな具合ですね。

明るさも中々のものですが、どちらかといえば長時間点灯を重視してる人向けのランタンライトです。

単三3本で40時間オーバーは伊達じゃあねーですよ。

どこのダイソーでもあるわけじゃないってのが一番のネック。もし、見かけたらマストバイして良いと思います。

利用用途は沢山。キャンプや釣り、夜間活動から非常時用の緊急ライト…等。様々なシーンで役立つでしょう。

残すは、、耐久性がしっかりしたものであることを祈るだけ。こればかりは使い続けないと分からないんでまた気付き次第、報告してみます。

おしまい

オマケ1 点灯の仕組み

300円ランタンライトの配線

ライトが付く仕組みはこんな感じ。分解すると、非伸縮時はボッチがスイッチを押さえてるという単純なものでした。

この後、組み立てるのに難儀しました。むやみにバラすのはよしましょう。

オマケ2 収納する袋

ランタンケース

ランタンを収納する袋が付いてたら良いのだけど、なかったんでこないだWATSで買った“ぶ厚い靴下”に入れました。ベストフィットしました。

ダサ過ぎてお前アホ?ですが、これで落下時のダメージはたしょう下がると思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク