メルカリでプチ電車(ダイソーホビー)を大量GET。さっそく遊んでみたどー!

はいどうも、私はタニオ。

今日は2018年最後ということで締めくくりに相応しいかどうかはさておき、メルカリで大量GETしたダイソーのプチ電車シリーズを一式GETを紹介してみたいと思います。

なんでこれまたメルカリ?って感じですが、ポイントが1000円ぶんあったのでそれを利用して買いました。
ちょうどクリスマスシーズンだったし、まあ自分へのプレゼントってとこですな。

そもそもプチ電車って何よ?って話なので軽く解説を。。

プチ電車はダイソーが販売するキッズ用鉄道模型です。3両編成からなる電車は1両ごとにパッケージされており、各それぞれ108円で販売されてます。

車両のほかレール、踏み切り、駅、トンネル、橋梁、架線柱、洗車場といった情景パーツも多数存在(価格は108円)。沢山組み合わせるとお金はかかりますがそれだけ個性豊かなレイアウトが作れる..というわけです。

プチ電車のキャッチコピーは「細部までこだわったリアル電車シリーズ 」。

車内の座席まで再現しててたしかにリアルな作り込み。

しかもこの座席には小さな人形(別売品)を座らせたりも出来るとか。

これもう、子供のオモチャってレベルじゃねぇぞ!ってなくらいのリアルっぷりです。

遊んでみる

レール組み立て

電車を走らせるための路線作り。

直線や曲線、十字線、坂道、踏切付きなど様々な種類がありますが、とりわけ直線と曲線(小)が一番使うパーツ。
こうしてパチパチ繋いでいくと…。

円形路線が出来がり。これがたぶん一番オーソドックスな初期レイアウトではないかな?

・使ったレール
直線2個
曲線8個

レールを敷いたら鉄塔や…

トンネルといった情景パーツを置きますと…。

一気に“それ”っぽい感じになります。

・電車を動かしてみる

電車を置いたら、出発進行!

……走れ!!……走らんかーい!! といっても先頭車両だけじゃあ走りません。電車を動かすにはモーター入りの駆動車両が必要なのです。

黄色レバーがついた中間車両が駆動車。

車両はしのボッチを押すとパカッと外せるので、そこから単三電池を1本搭載すると準備完了。

前後車両は連結でパチっとセット。

3車両をレールに置き、駆動車両の黄色レバーをオン!すると…。

おおお、、、、走った走った!ちょっとぎこちないけど、ちゃんと走ってるー。٩(‘ω’ )و

レイアウトを整える

走るのを確認したらそれでヨシ!

今度はレイアウトを整えていくわけですが、とりあえず手持ちのパーツを足していくことに…。

よくよく考えると意味あんの?ってな路線レイアウト。

とにかく長い路線を作ってみたい!

そう思ってはいるけど、狭い部屋なので長距離路線はどだい無理。立体路線レイアウトは高架橋脚が一個しかないので無理。っつーことでここまで。

感想

来年の目標のひとつは、このプチ電車を使ってちょっとした「ミニジオラマ」を組み立てること。よし、これに決めた!

そのためには、先ず路線用スペース作りから始めないと。いかんせん6畳間という狭い部屋だもんでしてね。。

ってか、108円のキッズ用電車のためにわざわざ場所作りするのもどうなんかなー?って感じ。

うーん…気は進まないけど、まーなんとか工夫してみましょう。

費用は…レールはもっと要るし、立体用の効果橋脚も20個以上は必要なんで更に2、3000円は出費がかさむと予想。

車両一つは108円ですが、レイアウトを広げると5000円近くはかかるんでダイソー電車とはいえ、鉄道模型ってやっぱ金食い趣味ですねー。

最後、プチ電車とは関係ないけど、寝てたら眼鏡が割れてました。散々な年越しですが、これで今年の禊を払い落としたってことにしておきます。

それでは、良いお年を!

オマケ 車両一覧

名前は当てれるかな?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク