メルカリ荷物の梱包や発送に使えそうな100均アイテム10選

メルカリ始めました(・ω・)★

在庫整理もあるけど、なんか流行ってるみたいだし、ちょっとお小遣いになれば良いかなーと思ったのが始めた理由です。

そんな僕ですが元々はヤフオク民。取引実績はわりと豊富です

ただ、梱包作業は苦手

面倒くさがりだから。( ・ϖ・)

(•̀ㅂ•́)و✧ それは今までの話

これからは、資材関係は100均で揃えたらイイじゃん

ブログネタになってイイじゃん

そこで、今回は商品発送の要となる“梱包”に着目して、これは使える!な100均アイテムを選定し、紹介してみるとします 。( ・ω・)

ダイソーで買える発送用梱包アイテムコレだー

別にダイソー限定するつもりはないけど、ダイソーは店内撮影OKなので参考資料を撮らせて頂きました。( ・ϖ・)

なお、順位は個人的に直感で決めたものです。

10位 段ボール

スーパーに行けばタダで貰える代物、それが段ボール。リーズナブル度は劇低なので10位です。

でもま、“高価”な品を発送する時は野菜名の入った段ボールに入れる如何なものかと…。相手の立場になって考えると、真っさらで綺麗な段ボールで送られた方が嬉しいですね。

ってなわけで、なるべく綺麗な段ボールで発送するようにしましょう!

9位 デコグッズ

マスキングテープで飾り付け。

メッセージカードでお礼の言葉なんかも良いですね。

メルカリ荷物でデコ&お礼書きする人は少ないでしょうが、知り合いや友人に贈り物をする時は重宝しそうです。

8位 クッションシート

緩衝材に使うクッションシート。

僕はあまり使わないですが、割れ物を送る時などには必要ですね。本や雑誌を包むのにも使えるかも?

でもまあ、プチプチで代用出来るので必要度はそう高くはないって感じです。

7位 衛生シート類

品は“綺麗”な状態にしてから相手に渡す、これ当然のマナーです。相手に気持ち良く使って頂くためにも、除菌シート等で拭き掃除するのもアリかと。。

ま、水拭き程度でも問題ないとは思いますが。

くれぐれもティッシュに唾をペッして汚れを拭くとかだけは、慎みましょう。

6位 OPP袋

書籍や小さな小物類を発送する時に役立つのがOPP袋。ダイソーではクリアポケット品名で販売されてます。

ビニール袋を頑丈にしたような袋なので水には強いです。でも、衝撃には弱いのでプチプチ(orクッションシート)と組み合わせて使うと良いです。

5位 メジャー

地味に要ります。というのも荷物の発送料金は、梱包時の“縦横奥”の長さ合計で決まります。発送料金を前もって調べるにはメジャーの存在は不可欠と言えましょう。

なお、金属メジャーは工具コーナー。画像のコンパクトなのは裁縫コーナーにて置いてます。僕的にはコンパクトなのが持ち運びしやすくて好きです。

4位 ハサミ、カッター

梱包以前に、これがないと生きていくのに困るレベルのものです。ダイソーで買う必要性はそう高くないので4位にしましたが、ぶっちゃけ1位以上です。

3位 封筒類

ヤマト運輸の「ネコポス」や定形外郵便で発送する時に役立つのが封筒類。ダイソーには各種サイズの封筒が売られてます。

例)角形2号(A4)、角形6号(A5)、長形4号…等。

値段的には格別リーズナブルじゃありません。それに入るサイズにも限界があります。よって、万能とは言い難し…ですが、ないと何かと困るものです。それが封筒です。

緩衝材入りの封筒なんてものもあったりも。

プチプチ入れれば済む話ですが、単発コッキリでの発送だとこういうのも重宝するんでしょうね。

2位 テープ類

セロハンテープを幅広にしたOPPテープは超定番。これがないともう無理って人もいますが…。

僕はOPPテープ派よりは養生テープ派です。透明よりは色付きのが分かりやすいのがGOOD。

どっち選ぶかは貴方次第。

ただ、ひとつ断言出来るのは、
布テープよりはガムテープのがコスパは高いということです。

1位 エアクッション(プチプチ)

通称「プチプチ」。梱包資材としては定番であり、ないとむしろヤバいレベルの超必需品です。

エアクッションもダイソーで買うことは出来ますが、大量に使うのであればホームセンターで買った方がお買い得ですね。
…ってか、運送屋に行ったらプチプチが置いてるところがあって、寄ったついでに貰ってくるとかは迷惑だからしない方が良いよ。(•̀ㅂ•́)و✧

まとめ

10位 段ボール
9位 デコグッズ
8位 クッションシート
7位 衛生シート
6位 OPP袋
5位 メジャー
4位 ハサミとカッター
3位 封筒
2位 テープ類
1位 エアクッション

わりと妥当な順位じゃないかな?他にもっと使えるアイテムあったら教えてください。

とにかくこれらを揃えておけば発送作業で困ることは“ほぼ”ないことうけあいです。

道具がそろったら、次の課題。

それは梱包費用を安く抑えること

メルカリは手数料10パーで、送料元払いな風潮あるので利益を出すにはよりシビアなお金感覚が必要です。

100均の梱包資材はわりとリーズナブルですが、
さらなる節約を目指すならば、ホームセンターやwebショップで大量に仕入れた方が安上がりになるでしょうね。

でもまー、フリマなんで儲けより趣味でやるのが本筋だと思うんで、そう考えると100均資材で十分だなぁって思ったりです。( ・ϖ・)

おしまい

オマケ 「梱包」の重要性

梱包が不十分だと、以下のトラブルに遭遇する可能性が飛躍的に高まります。

事例)
・荷物が壊れるor破損する
・雨が降った場合、中身を濡らしてフニャらしてしまう
・受け取った相手にムカつかれる→評価に”悪い”をつけられる
・運送補償の対象外になることもある

他にも…あるかな?

時々梱包をケチってスカスカの状態で送ってくる人がいますが、それをすると結果的に損する羽目になります。ご注意くだせぇ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク