【剃れますか?】ローソン100の4枚刃カミソリ「4 Blade Razer」の使い心地報告

「この店、本当に100均かい?」と疑問に思うことが多いローソン100だが、先日立ち寄ったついでに入手したのがローソンオリジナルブランドのカミソリだ。

品名は「4 Blade Razer」。ほどほどにカッチョいいネーミングである。キャッチフレーズもイカす!

「Wスムーザーでなめらか しっかり剃れる!」

……日本製である。

なるほど、“とりたてて”弱点はないようだ。が、カミソリとは例えて言うならば、チョコレートの箱のようなもの。開けてみないことには何も分からないと同義。
…つーわけでさっそく使ってみたわけだが、はたしてどんなものでしょうか?

本カミソリは「VL(バリューライン)」というローソンのオリジナルブランドに該当する商品だ。

基本的なスペックは書かれているものの、肝心の製造業者はどこなの?って感じ。

まあ、ローソンに限った話じゃないけど身体に使うモノなだけにどこの業者がつくったのか?は知りたいものだ。

中を取り出す。…普通である。特におかしな印象はない。もっと奇をてらったボディで良いのに〜..とすら思った。

「首振り」機構もしっかり備わってる。ただ若干すこ〜し固い気はした。

刃は4枚刃。長さ33mmのチタニウムコーティングだそうだ。そして、刃の上下には潤滑剤の役目を持つスムーザーがセット。

ではでは、お髭をジョリジョーリ…。っとその前に今まで使ってたカミソリとちょっと見比べてみた。

上、ローソン100の「4 Blade Razer」
下、ニッケンのカミソリ2枚刃

違いは…明らかに見て取れるね。「4 Blade Razer」の刃は柄の部分に対し平行を向いてるが、ニッケンのはやや上がってる様子。……単純な違いかもしれないがこの角度の差が剃り心地に影響を与えるのは間違いないだろう。「4 Blade Razer」よ…。アンタ大丈夫かい?

それでは、ジョーリジョリ。

感想

むぅ。

……いや、ハッキリと言おう。これは僕の肌には合わなかった。アカンやつだ。

肌に刃を当て、少し動かす。するとその時点で「これあかん…」の直感が舞い降りてきた。そしてその直後、肌をビビッと引っ掻く刺激を感じたため、これ以上の続行は「危険」と判断しストップすることにした。

結果..途中ストップ!

気付いたことをあげるならば、スムーザーの効きが弱かった気はする。首の振りも若干固かったため、腕の力がダイレクトに刃に伝わり過ぎたのも肌の痛みの要因に関係してそうだ。

というか、カミソリも人によって「合う」「合わない」がある。単に「4 Blade Razer」と僕との相性が悪かっただけかもしれない。(そもそも僕のような薄ヒゲの柔肌男には4枚刃はオーバースペックなのだろう)

“一応”の結論を書いておく。こちら「4 Blade Razer」は濃いヒゲ向けのカミソリである..としておこう。
こち亀の両さんみたく濃い髭持ちだったならまた違った感想になってたかな?ま、いっか。…とにかくお蔵入りだ。

以上

オマケ1

シェービング用の石鹸として愛用してるのが、こないだダイソーで買ったマルセイユ石鹸。

泡立ちが良く、香りも良し、保湿効果もあるのでシェービングにはピッタリなのだが、残念ながらここ最近品切れしたのか全然見かけることがなくなった。再販復活求む!

オマケ2

ローソンの4 Blade Razerの素晴らしき点は、むしろキャップにあり。
上下どちらにも対応したキャップなので仕舞うのが大変楽である。(でも、二度目は多分ない)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



コメント

  1. noise より:

    私も色々試しますが、個人的に↓コレを越える製品に出会ってないです。
    (ホームセンターで「3本+1」を198円で買っていたのですが値段の付け間違いだったようですw)

    カスタムプラスEX 3本入
    https://gillette.jp/ja-jp/products/razor-blades/disposable-razors/customplus-ex-pivot-disposable-razor-3