テーブルの傷をマーカー(シャチハタ製)補修してみるとどうなる?..こうなった

押入れ作業でまずやること、それはいらない物の処分。いわゆる断捨離ではないだろうか?

今考えてるところだけど、押入れにずっと仕舞いっぱなしにしてたテーブルがあって、これを処分するか再利用するかで頭を悩ましている。というのも、、

表面には所々に傷があるし、

拭いても取れない染みが出来てるし、

角っこにはぶつけ傷があったり..と万全とは言い難い状態だからだ。

問題部分はこれくらい。机としての機能は十分使える状態にある。要る要らないかでいえばどっちでも良いし、人が欲しいならくれてやるくらいのものだ。
ただどちらかといえば、押入れ空間を広げることを優先したほうが良いと最近は考えている。なんたって机はもう一つ眠っていて合計2台もあるのだから。…とにかく悩む。

シャチハタのキズ補修マーカーでキズ修正してみる

前置きが長くなって恐縮。本日の100均ネタはコレ、その名も「キズ補修マーカー」という家具や床の傷を目立たなくする修正ペン。

テーブルの処分を考えてるのだが、とりあえずキズが目立たなくなれば捨てずに使ってみよう..という気分になれるかもしれない。もしなれかったらその時は処分すればいい。というわけで、これで机リニューアルを図ってみることにしたわけ。

購入店はダイソー。プライベートブランド品ではなくシャチハタが作ってるれっきとしたメーカー品だ。そう、あのシャチハタ。知ってるね?

自分的には、シャチハタと聞くと「インク?ペン?」のイメージがなんとなく浮かんでくる。ぺカッと。そして大正時代に生きたオババ連中が女学生時代にシャチハタのペンとインクで恋文を書いたりしてたのかなー?なんて想いがこみ上げてくる。
誰に教わったわけでもないのにね。シャチハタに大正を感じるのは僕だけではないと思う。不思議なブランドだ。

肝心の色は合計三種類あったうち、メイプルとオークを選択。机の色合いからしてメイプルを使用することに決定。

さっそく補修してみるが。やり方はただ塗るだけ。チョイチョイ..と塗るだけ。

ん、まさか?

(ティッシュでゴシ)

…あかんか。

微妙な気配を察知したのでオーク色も組み合わせてみたが、余計あかん感じになった。

とりあえず何度か重ね塗りすることで、一応それっぽく修正することには成功。
ご覧のとおり、合計10箇所くらい塗ってみたわけだが前よりは全然目立ってなーいという感じになった。写真の上では、だけどね。

感想

修正効果は高いか低いかでいえば、それは材質によるところも大きいのだろうが、コーティングが施されたテーブルだったためか色の乗りはあまり良くなかったようだ。実際生で見てみると「ペンで塗ったよな?」という跡がしっかり残ってる。なんとも侘しい気持ち。

目立たなく見えるのは画像だけなので目くらましな感は否めない。根本的な修正には程遠いが、逆にいうとパッと遠めで分かり辛くなれば良い..というシチュエーションであれば重宝するだろうね。俺はそう思った。

以上

オマケ

汚れた机にはワックスを塗ると見栄えアップするという話をキャッチ。革の達人という木専用品じゃないワックスを塗りたくってみたところ、、

机全体に馴染み、意外にも光沢ある雰囲気が蘇っった感じに。細かな傷を気にして小手先修正するよりも最初からワックスで攻めてみるべきだったな。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク