リメイクシートで棚板を大理石ボード風にデコするとこうなる

部屋の片隅に使わなくなった棚板があったんで、捨てるくらいなら..ってことでこれをリメイクシールを使ってデコアレンジしてみることにした。

板にシール貼ってどうすんの?」って感じだけど、意味はたいしてない。
近々部屋の古タンスをリメイクしてみようと考えてるのでその予行演習になれば..と思いやってみることにした次第。ぶっつけ本番で失敗すると後悔しそうだもの。

<準備したもの>
リメイクシート 大理石柄ブラック
購入店:ダイソー

シートのサイズは約30×80cm。板のサイズにピタリ合うかどうかの微妙なサイズだったので、いちおう2個買っておいた。

作業は先ず、カッターで切るところの赤ペンチェックから始まる。

切りとったシートを体裁よく貼り付けていく。

シワなく貼れた。

裏面。

もう片方も同じ手順でやってみたのだが、ここで誤算発生。ピタリ合うと予想していたのに貼ってみると..真ん中に2mmくらいの「空き」が出来てしまったのだ。

板の側面も下地むき出し。どちらもこのままじゃ格好悪い。

「空き」スペースを埋めるための苦肉の策。それは重ね貼り。少しの隙間なので新しいシートを使うのはシャクだけどこの際仕方なかった。

兎にも角にも、一応貼り終えた。
右左と真ん中、3カ所に重ね貼りしてるけど案外分からないものだね。全然目立ってなーい。

かなり高級感ある見た目。

しかし、裏面をむけるとダセー。

せっかく大理石調にリメイクしたわけなんで一つ有効活用することに..。

ひとまずテーブルにしてみたわけだが..さてどんなもんだろう?なんとな~く、インスタ映えしそうに見えないこともなくもない?

色々と使い道がありそうな予感はアリアリ。でもね、所詮はハリボテなんだよ。薄っぺらな見せかけシールを貼った板でしかないんだよ。だから結局は、適当に距離を置いてチラッと見せる「オブジェ」として扱うのがベストなんだ。

っつーことで窓際に飾っておくことに決定。ひとまずは!

感想

大理石ボードの使い道はおいおい考えるとして、リメイクシールの貼りスキルは一段階向上したと思う。なにごとも一度やっておけば本番がミスる確率は大幅に減らせるというもの。次は古タンスのリメイクにチャレンジしてみるつもりだ。いつやるかは未定だけど。

シールの感想もちょこっと。

品質の方はあまり期待はしない方が良いかと。写真じゃけっこうリアルに見えるけど、実物は全然リアルじゃないよ。近くだとヨレは分かるし光沢も少ないしで所詮はシールなんだなー..という物哀しさが漂ってます。

もし、本棚とかタンスとかのリメイクを考えてる人はとりあえず予行練習はしっかりやっとこう。

おわり

■シートの貼り方アドバイス

シートの裏は剥離シートがあって、剥がすと粘着面が出てくる。両面テープと一緒。ここで一気に全部剥がしてペタッとしたい衝動に駆られるけどそれはちょっとストップ。粘着面があちこちに張り付いて難儀するよ。
シールを剥がすのは先ずは1/3くらいにして、貼りながらゆっくり剥がしてくようにしよう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク