【祝!iPhone暦10年】おススメの100均保護フィルムとケースはこれだぞー!

別にめでたいもんじゃないけど、携帯をiPhoneにしてからもうすぐ10年目を迎えようとしてる。

最初に手にした機種は3GS。2009年にソフトバンクで契約してから、4S→5S(AU、mineo)→SE(mineo)と使い続けて、気付くと今や2018年だ。いや、月日の流れは本当にあっちゅーまだね。

なにはともあれ、10年というのは大きな節目。先週SEに機種変したというのもタイミング的に悪くない。なので、この際ちゃんと結論をくだしておこうと思う。

「100均で買えるiPhone用保護フィルムとケースはどれがベストバイか?!」

の答え..をね。

キャンドゥの「CUSTOM PLUS」シリーズの衝撃吸収フィルムとソフトケース

今時分、どの100均店でもiPhone用のフィルム&ケースを売られてるわけで、はっきりいえばどれを選んでも大きな差はない。なにを買って使おうがその人の勝手という領域に辿り着いた感すら伺える。

そんななか、あえて一つを選ぶならば僕はコレ、キャンドゥの「CUSTOM PLUS」シリーズをイチオシしたい。理由は色々ある。強いて言うなら「大きな欠点が見当たらない」のが一番のイチオシ理由だ。

<商品概要>
・iPhone5/5s/5c/SE用保護フィルム「衝撃吸収」マットタイプ
・iPhone5/5s/SE用ソフトケース
販売元:キャンドゥ

iPhone5/5s/5c/SE用保護フィルム「衝撃吸収」マットタイプ

  • ハードコード(傷に強い)
  • 衝撃吸収(衝撃に強い)
  • 防指紋(汚れにくい)
  • シリコン吸着層50μ(気泡消滅)
  • スリットセパ加工(貼りやすい)
  • made in japan

欠点はない..ね?

フィルムの防御能力だってたいしたもの。110gの鉄球を1.5mの高さから落としても画面が割れない..という衝撃吸収能力があるのだ。マジで?って感じ。

スリットセパという謎の加工も注目ポイントの一つ。シールが二分割に剥がせるので多少貼りやすいよ~んっていう仕組みだ。

安物フィルムに「残り」勝ちな気泡もごらんのとおり。貼った直後は10個くらいの細かい気泡が残ってたが、数日経った今ではすっかりなくなっていた。

ついで比較コーナー。

CUSTOM PLUSのフィルムにはブルーライトカットタイプも存在している。左がSEで衝撃吸収フィルム、右が5sに貼ってたブルーライトカットフィルム。

消滅吸収はマット仕様なのにたいし、ブルーライトカットは光沢仕様。画面の見栄え面ではブルーライトカットのが上だと思う。というか、最初はブルーライトカットフィルムを買うつもりだったんだけど、お店に置いてなかったので仕方なしに衝撃吸収を選んでみた次第なのだ。

マットフィルムは見栄えは多少落ちるが、写り込みがなくなるのは大きなメリットでもある。光沢フィルムは反射があるから自分の顔が黒画面に映って気持ち凹むことがある。マットフィルムはそれがないから安心だ。

iPhone5/5s/SE用ソフトケース

ケースももちろん「CUSTOM PLUS」シリーズ。買ったのは柔らかいソフトケースだが、固いハードケースも販売されている。どちらが良いかは好みもあるだろうが、僕的にはソフトケースをおススメしたい。

なぜなら…

滑らない..から。

正確には多少は滑るがハードケースよりは全然滑らない。ゆえに落としにくく、うっかり転落のアクシデントをかなり防いでくれる。これこそソフトケースの醍醐味だ。

素材で言うならばTPU(熱可塑性ポリウレタン)のケースが良い。ゴムとプラスチックの半々みたいな特性を持っている。シリコンボディは知らん。

つーわけで、ケースはハードケースよりもソフトケースを推奨しているわけだが、選ぶデザインは装飾のないシンプルなクリアケースで良いと思う。

ごてごて装飾が施されたケースだとTPUが溶けてiPhone背面に模様が移ってしまうことがあるのだ。おそらく本体の発熱による影響だろう。もしくは経年劣化によるものかもしれないが、とにかくガラ移りはソフトケースの弱点の一つだ。
こうなるとティッシュで拭いても取ることはできない。研磨剤をつけて擦れば取れるがそんな面倒はクリアケースにしとけば最初からしないで済む。

まとめ

長々と書いて恐縮。

今回、記事を書いたあと他の100均店を見てまわってきたが、結論は変わることはなかった。キャンドゥの「CUSTOM PLUSシリーズ」が安パイであると今でも確信している。

画面保護フィルムは今や圧倒的にガラスフィルムが多数を占めてるため、PETフィルムにネックを感じる人も多くいるだろう。
だが、僕的にはガラスフィルムよりPETフィルムのが優位性はあると主張したい。

ガラスフィルムは傷に強そうに思えるが案外普通に傷入りするし、画面に出来た傷は指先にダメージを与えることだってある。画面を触ってチクチク感じるのは細かな傷に触れている可能盛大。
その点、PETフィルムは少々の傷ぐらいじゃ指先にダメージを与えることはない。チクチクだってしない。指に負担を与えないのは明らかにPETフィルムの方だ。

iPhoneXsが発表され、SEは販売ページから消え失せた。それに準じてお店でもガラスフィルムがどんどん主流になっていってる。
CUSTOM PLUS はPET路線を引き続き継続していってほしいものだ。

以上

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク