iPhone&他スマートフォン両対応のケーブルなんてものがあった【1本二役】

あったので買ってみた。急きょ新しい充電ケーブルが必要になったから。

先週の土曜日のこと。隣町で花火をやってたので夏の思い出写真の一枚でも残しておこうと思い向かうことにした。そして、近くまでやってきてモバイルバッテリーで充電してた(ハズ)のiPhoneを起動させようとしたところ、???「残量ナシ」のマークが表示。…これは一体どういうことだろう。

原因は、ケーブルが断線してたというオチ。よくある話だけど、この時ばかりは残念だった。花火がやけに綺麗だっだけに一枚の写真も残せなかったのは今でも悔やんでいる。

iPhone&andloidスマフォ対応のケーブル

使えなくなったケーブルは処分することにした。そこで代わりに買ったのが今回紹介する100均アイテム、その名も「iPhone & スマートフォン対応 急速充電・データ転送ケーブル」。

購入店はキャンドゥ。

このケーブルはただのケーブルではない。品名のとおりなんとiPhoneだけでなく他のスマートフォンにも対応してる..のだ。しかも!充電だけでなくデータ転送にも対応。大げさなこと抜きにしてこれ一本さえあれば他のケーブルは必要ナシというわけだ。

気になるお値段は108円。こいつはひょっとすると100均ケーブルの中では最高のコスパかもしれない。

■基本スペック
・iPhone(lightning)、microUSB(タイプB) ※旧30ピンDOCK、microUSBタイプCコネクタには非対応
・急速充電2.0A対応
・ケーブルの長さ50cm

開封すると出てきたのは一見タダのケーブル。

..ではなかった。

横から見てみると..

太い!

この太さはただモノじゃない..ってくらい太い。まるでLANケーブル並みの太さではないか。昨日、昼メシに食べたきしめんにも似ている。

従来の(これも100均で買ったケーブル)と比べてみるとおよそ2倍近い差である。この太さ、違和感はないわけでもないが、個人的にこのくらい太い方が「断線し辛い」気がした。ってかまあアリだな。

充電は裏表別方式。どちらが表か?さておき、アンドロイド面をiPhone端子に挿しても充電は開始されない。

lightningは両面対応だが、このケーブルは片面対応となる。

それでは、充電状況をチェック。マジで充電されるのか?ドキドキしたが、なんなく満充電をむかえた。

「急速充電対応」の恩恵もあったのだろう。とにかくみるみる充電されていったように思える。…気のせいかもしれないが!

というわけで、特に不都合のない極めてただのケーブルであることは確認できた。それでも、若干のマイナスポイントはないわけではない。

端子の幅が僅かに広いのが原因で、ケース越しだと端子がうまく挿さってくれなかった。

グググ..と深くねじ込むと認識はしてくれるが、結局はケースを外して(ずらして)充電した方が楽だ。この多少なりともの手間に苛立ちを感じる人は従来のケーブルを選択すること素直におススメしたい。

最後、現行所有のiPhoneケーブルの状況を報告してお開きにしよう。

当方所有のケーブルは現在4本。一番左の「充電のみ」のケーブルは花火の件で使えないことが発覚したのでゴミ箱行き。ダイソーのリール式ケーブルは片方は無事だが、もう片方が微妙に不安定な状況だ。断線しかけてるのかもしれない。まだ使えないことはないが、こちらも思い切って処分することにする。

というわけで、今後はダイソーのリールケーブルと今回の「きしめんケーブル」をメインに使っていくことになるだろう。iPhoneをやめて、別のアンドロイドスマフォに機種変したとしてもこのケーブルは再利用が可能、決して無駄にはならない。結果として悪くない選択だったと思う。

ってか、ケーブル一本で長々と書いてしまったな。お読み頂き、感謝!

おしまい

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク