靴乾燥機は本当に便利なのか?!自分的には微妙に思えたのでその理由を述べてみたい

大雨続きで靴がなかなか乾いてくれないことに業を煮やし、とうとう靴乾燥機なるものを導入することにした。

靴乾燥機は文字どおり靴を乾燥させるための装置のこととりたて複雑なものではなくドライヤーが2個付いたようなもので、熱風で靴を乾かすというシンプルな仕組みのものだ。

届いた当初は、これで(靴が)いくら水浸しになろうが即カラッと乾燥してくれるぜ!!とそこそこテンションはあがった。……だがいざ使ってみるとどうだろうか?どちらかといえば複雑な心境寄りだ。今回はその心境に至った理由等をお伝えできれば..と思う。

使用したくつ乾燥機

買ったのはツインバードのくつ乾燥機(型番SD-4546型)。amazonで3000円しない値段で購入。ワンランク上のも販売されていたが特にどう違うのか分からなかったのでこちらにしておいた。

■基本スペック
サイズ:15×9×22cm
質量:0.67Kg
材質:ABS、SWM
電源:AC100V 50-60Hz
消費電力: 「標準」モード時:150W、「革靴」モード時:135W
その他: リボン式マイカヒーター、温度過昇防止装置付

モードは「標準」の他に革靴に対応したモードも備わっている。違いはどうなのかは分からないが電圧が革靴の方が少し低いことからやや低めの温風になると予想される。

運転は最大2時間までのダイヤルタイマー式。ダイヤルがOFFになると自動的に運転はストップ。

2個搭載の温風口。靴以外にでも手袋を乾かすのに使えそうだ。

電源コードはおおよそ2m。長さ的に短くはないが、十分な長さがあるともいえない長さ。使用する場所次第で延長コードが別に必要になる。

先日降った大雨で靴がボトボトに濡れてしまったのでさっそく試してみることに。

使い方は説明するまでもないが、画像のように温風口に靴を差し込みダイヤルをセット。ブォォォとドライヤーの運転が始まり靴がどんどん温められていく。とりあえず1時間にセットして様子見してみた。

乾いては…いなかった。

感想

■乾くまでにかかった時間

説明書によると2時間程度でおおむね乾くように書かれていた。おそらく環境(湿度)がよければそれで乾かせるのだろう。

だが今回のケース、大雨続きかつずぶ濡れの靴の場合だと2時間運転させてようやく7割程度の乾き具合にとどまる結果となった。湿度が高いとそれだけ乾かなくなるのは仕方ない。

■ニオイもエライことになった

個人的には靴が乾かなかったことよりも家中に靴の臭気が充満してしまったことのがショックが大きかった。

中途半端な乾き状態で熱風を送り続けたせいだろうか?靴内で悪臭菌が大量繁殖したのかもしれない。室内(洗面所)には入るとかなり強烈な臭気が充満していた。慌てて換気扇を回したが時はすでに遅し。家中に靴の悪臭が漂う一日を送ることとなり、同居の家族からは白い目で見られてしまった。

使う際のアドヴァイス

誤解なきよう付け加えておくが、上記の感想はツインバードの製品だからというわけではなく、あくまで使用状況によるもの。靴乾燥機としての機能は十分に役目を果たしてるし、見た目もコンパクトなので使い勝手自体は全然悪いものではない。つまるところ。ようはこちらの使い方が不味かったというわけだ。

そこで、今回の失敗体験を踏まえ最適使用への導きなるものをまとめておいた。もし靴乾燥機の導入を考えてる人は参考にしてくれれば幸いに思う。

<失敗しない使い方まとめ>

  • 乾燥機は湿気のたまらない通気性の良い場所で使った方が良い。可能であれば雨のかからない屋根付きの屋外がベスト
  • 部屋で使用する場合は通気性確保と臭い対策のため換気扇は回しておいた方が良い
  • 靴は綺麗に洗ってから乾かした方が良い。普段履きをそのままの状態で乾燥がけすると臭いが発生する可能盛が大
  • 生乾きのまま放置すると汚臭元の菌が大量増殖するので乾燥させる時はしっかりカラッと乾燥させる

色々と突っ込みどころはあるだろうが、使い方さえ間違えなければ役に立つ機械なのは確か。当初はかなり疑問に思ったが気を取り直して使ってみたいと思う。

おわり

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク