鳥のフン害に嘆いたので対策グッズを買ってみた!

自宅の目の前には電信柱があって電線に鳥がよくとまってくる。ハト、スズメ、あとホーホホッホー×3くらい鳴くやつなど..。家が建ってから数十年経つわけなので今さら鳥が目障りだ!!とかは言うつもりはない。それでもやつ等の出すフンだけは何とかしておかねば..と前々から思っていた。

記事タイトルに「嘆いた」と大袈裟なことを書いたが事実僕はけっこう嘆いてる。というのも、家の前にバイクを停めてるのだがどうも鳥共のトイレスポットに指定されてしまってるようなのだ。
画像のようにリアボックスにフンがベタリとついてるのは日常茶飯事。酷い時は座席シートにフンがベタリあったりすることもある。……そんな状態でどうして嘆かないでいられようか?!

ベランダにもベタリ..。このまま鳥を野放しにしていたら鳥インフルエンザに感染してしまうかもしれない。むむむ、早急になんとかせねば。

「鳥よけキラキラ」と「鳥よけビニールカラス」

鳥対策グッズはホームセンターに限らず100均店でも買うことができる。内容的には鳥の嫌がるものをぶら下げることで鳥を近づけないことを目的とした商品が大半だ。

今回入手したのは、「鳥よけキラキラ」というアルミの反射板と「鳥よけビニールカラス」というカラスを模したもの。効果のほどは試してみないことはわからないが何もしないで手をこまねいているよりはずっとマシだろう。

鳥よけキラキラはセリアで購入したもの。丈夫にテグスが付いてて画像のようにぶら下げて使用する。鳥は鳥目というくらい目が敏感なのでキラキラ反射するものを忌避する性質があるそうだ。きっと目がチカチカして嫌なのだろう。なので一定の効果はある!と信じてみたい。

鳥よけビニールカラスはダイソーで購入。名前のとおりカラスの形をしたビニール式の風船だ。

空気を入れて膨らませるとビニールカラスになる。頭に紐が付いてるのでこのビニールカラスも物干し竿などにぶら下げて使用する。
カラスといえば街の掃除屋でもあり、ハトやスズメの天敵でもあるわけなのでやはりこちらも一定の効果はあると期待しておきたい。

なお、ビニールカラスはそのまま吊り下げると魔術の儀式みたいに怪しい雰囲気になるので綿ロープで江戸っ子スタイルで吊り下げておくことにした。
うん、なかなか粋なスタイルだ。これなら他のカラスからしても仲間と思って近づいてくることはないだろう。…多分だが。

・感想

とりあえずの対策は講じておいた。これで鳥が電線に近寄ってこなければ結果オーライ!というわけだ。長年悩まされてきたフン害からのやっとの解放である。

だがしかし!安心するには早い。家のベランダは風とおりが強いためぶら下げてると強風で千切れてどっか飛んでいってしまうことが考えられる。というかその確率はかなり高いとみてる。
また、ネット調べによれば鳥というのは学習能力が高く、対策グッズを置いても自分らに害を与えるものでないと理解したら再び戻ってくるそうだ。そうなったらまた別の対策を考えなくてはならない。ひょっとするといたちごっこで終わるかもしれない..。

以上のことから、正味今回の対策でどうなるかは全くの未知数。効果はあったとしても短期的なものに終えるかもしれない。しばらく経過を様子見し、さらなる効果的な対策を模索していきたいものだ。

おしまい


カラス対策にはカラスの天敵であるフクロウが良いかもしれない。ただまあ、カラスって頭良いからな~。「これ、置物じゃん」と気付かれる可能性大?!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク