設置は工夫次第!?クネクネカメラ三脚の魅力に迫る

インスタブームでスマフォ用自撮りグッズが増えてくなか、時代を少し逆行してコンデジ用のミニ三脚がダイソーにて新たに(?)販売されてました。知ってる人は知ってるでしょうがゴリラポッド的三脚といえばピンとくるかと思います。

『三脚といえば平らな所に設置して使うもの』

そんな固定観念を覆したのがゴリラポッド。
脚部がクネクネと自在に曲げれるため、不安定な岩場に置いたり、木の枝に巻いたりと様々な場所で撮影することが可能となりました。

今回買ったダイソーのフレキシブル三脚はそれと近い使い方ができるかと思いますが、はてさてどんなものでしょうか?気になる木。

軽量ポータブルなフレキシブル三脚

フレキシブル三脚1

脚部の節にゴムスポンジが搭載されたフレキシブル三脚。丸みを持った底部分にゴリポ的をほんのり感じますがそれ以外はけっこうオリジナル外観です。

<商品概要>
材質:ゴム、ABS樹脂、塩化ビニル樹脂
特徴:
・脚を簡単に曲げることができ、高さや位置を調節できます。
・軽量ポータブルでコンパクト
注意点:
・望遠レンズ、大型のカメラ、ビデオカメラには使えません。

フレキシブル三脚4クネクネ曲げた様子

一つの脚には7つの節が備わってるためかなり柔軟なクネクネ可動が可能です。

フレキシブル三脚3雲台

カメラを固定する雲台。こちらもクルクル動かせます。

フレキシブル三脚2立たせた様子

立たせた様子はまるで生まれてたの鹿のようでもあり、どことなく不安定な見た目。

設置テスト事例

ゴリラポッド的三脚の活用事例2

適当なところに巻きつけてセット。

なんだか監視カメラのようです。

ゴリラポッド的三脚の活用事例3

(どこか置けるとこないかな?)

と探した末、僕は椅子のふちを利用することにした。

ゴリラポッド的三脚の活用事例1

もちろん平らな場所で使うことも可能ですが、どっちかというと足場の不安定なところで使いたいものです。
ってか平らな所に置いてなるものか!って気にすらさせられます。

ゴリラポッド的三脚の活用事例4

「ふーん、まーまーイイじゃん?でもスマフォで使えないんじゃ意味なくない?」

なんて声が聞こえてきた。(気のせいか?)
そんなアナタにはスマフォ用三脚アタッチメントを介すことで対応させることもできるよーと言っておきましょう。
アタッチメントは別途必要だけど色んな意味でフレキシブルに使えますよ。

感想

テスト的に色々な所にセットしてみました。わりとしっかり設置できてる様子なので素直に「かなり使える三脚」の称号を授与させていただきます。

冒頭で書いたゴリポと同じように使えるか?については見てのとおり。工夫次第ではなんとかなりそうですが一眼レフや重たいビデオを載せるには無理があるのでそこは要注意かと..。参考の小型コンデジ(富士フィルムのf30という機種)程度であれば特に問題はないようですが。

ただし!ここから先付け加えておきます。

今、説明書裏を読みかえしましたが「平らな場所で使用してください」とも書かれてました。つまるところ基本的には平坦な場所に置いて使うことを目的とした三脚のようです。
活用方法は様々としつつも、万一高いデジカメを落として壊されても当方責任負いかねます。結論的には平らで安全な場所で使用するにとどめておくこと強く推奨しておきます。

以上

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする