「この電池まだイケる?」と迷った時は残量チェッカーで確認してみよう

「電池切れだ。乾電池が必要だ。どこだ?机の中にあったハズだ。(ガサゴソ)お、あったあった。ん?でもむき出し状態だしコレって使えるの?んーどうなんだろう??」

というようなシチュエーションってけっこうあったりしますね?電池って見た目だけじゃ中の容量が活きてるのか分かりませんから。

じゃあ、そんな時はどうしたら良いの?って話ですが、その辺に置いてるリモコンや懐中電灯に入れてみて確認してみるのが一番手取り早い確認方法といえます。。

ただまあ、このやり方は一つネックがありまして電池の残量が十分にあるかまでは判断することは出来ません。
んー、だからそこをどうすれば良いのだ?というのが今回の本題となるわけですが、そんな時は「バッテリーチェッカー」なる電池残量計で確認するのがベストといえましょう。

POWER CHECKという電池残量チェッカー

1週間くらい前、ちょっとした用事で道具箱を開けてみたら出てきたのがこの「POWER CHECK」という乾電池専用バッテリー残量チェッカー。
もう5年以上前にどこぞの100均で買ってあったものでして長い間放置してたんでもう使えんだろなーなんて思いつつも試しに手持ち電池の残量チェックしてみたら普通にメーターグググ..と動いてくれました。

ってなわけで使い方を解説してみましょう。

チェックの仕方は簡単。チェッカーのプラスマイナス端子に電池を画像のように触れさせるとメーターが動く仕組みとなってます。
充電池は満充電済みなのでメーターは「多」を指し示しました。つまるところ、この電池は「十分使える電池」と判断できるわけです。

側面には今じゃほとんど使う機会がない9V形電池用の端子が備わってます。

チェッカーとしての誤差はおよそ10%程度はあるそうなので精密な測定器機としては残念ながら使うことはできません。画像の例だと置き方によって同じ電池でも数値が若干変化してるのが分かりますね。なのでこのチェッカーはあくまでも「目安計」としての立ち位置商品となります。

感想

細かな残量を調べるにはもう少し信頼度の高い計器が必要ですが、普段の生活で細かな数値を必要とする..ってシチュエーションは多分そんなにはないでしょう。
目安が分かるだけで十分!というのが殆どなので大雑把に確認したい場合にはなかなか重宝してくれるチェッカーだと思います。

個人的に気に入ったのは、この残量チェッカー、長いあいだ使ってなかったわりには普通に動作してくれたんで案外丈夫に出来てんだなーとちょっと感心しました。
まあ、ある種ローテク機材なので意図的に壊さない限りは10年20年と持つものなのかもしれませんがね。

指示計器として活用するにはちょいと役不足。大雑把な目安調べには十分使える残量チェッカーです。

ん?役不足の使い方違うって?そんな細かなことは言いっこナシ。大雑把でイイのだ!

以上

追記

本体を寝かした状態と立てた状態で数値がんん?ってくらい変わったことからどちらが精確なのかはちょっと分からりません。充電済みの電池なので立てた状態で測ったのが多分合ってるような気はします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク