ニッケンかみそりの首振り式&スムーザーTEの感想

首振り式&スムーザーTE(ツインエッジ)

購入店:フレッツ
内容量:3本
製造元:ニッケンかみそり㈱
製造国:made in USA.

材質:
(刃)ステンレス銅
(板厚)0.10mm
(刃先処理)ポリマーコーティング
(硬度)HV640±30
(スムーザー)水溶性ポリマー

キャップ。左右から装着できるので付け外しが楽。

刃は安定の?2枚刃方式。スムーザーに水溶性ポリマーがついてるのでシェービング時における潤滑性はある程度確保されてることが予測されます。

※スムーザーは水溶性樹脂を主成分とした潤滑パーツのこと。水溶性の樹脂なので、水に溶けることでその効力を発揮します。
ただし、スムーザーがついてればシェービングクリーム(石鹸)が不要というわけではないため、髭を剃る前には肌に水分を潤す→クリームをのばす..などの事前措置はやはり必要です。

首振り式というのも地味にポイント。前後にグラグラ揺れます。

いきなり口元どアップして申し訳ないです。剃り味がどんなもんだったか?って口で説明するのはむずかしいからね。だからもう画像載せます。

して、剃ってみた感想ですが率直に言うと、わりと普通に剃れる平凡なカミソリでした。
平凡ってのがミソ。前はschickのカミソリをずっと使ってたのでそれよりはやや浅剃り仕様かなーという印象もあります。力を入れてグイグイ剃ってると肌が若干痛くなったもんだからね..。

この剃り感覚、以前にも似たような感覚を味わったことがありまして貝印のカミソリを使った時と近い剃り感覚だったことを思い出しました。
ニッケンかみそりは国内メーカーなので日本人向け仕様に調整されてるってことなんでしょうかね?だからまあ貝印のと似たような剃り味になるのはある意味当然かもしれません。(でも、made in USA!)
ってなわけで、貝印をずっと愛用してる人ならばこのTE(ツインエッジ)もすんなり使えるんじゃないかな?

僕はというと年々髭が濃くなってきてるんで、深くエッジ立てて剃れるカミソリが好み。というかschickの2枚刃がなんだかんだで僕的ベストかなーという感じです。
今回のは常用は多分しないでしょうが、せっかく買ったわけなんで今しばらくは使い続けることになるでしょう。

ちなみに口下になんか髭が残ってますがこれはただの剃り残し。お洒落じゃないんで、またキチンと剃ります。

以上

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク