汚れたスイッチプレートは不潔なんで交換する前にまずは掃除してみよう

いきなりバッチいモノを見せてしまい恐縮。

我が家は古い家なんでどこかしこは汚れてるものなんですが、なかでもこりゃイカンやろ..ってのがスイッチプレート(スイッチのカバー)。

なんで今までスルーしてたのか不思議なくらい、もう不潔レベルで汚れてました。

部屋にあるのもそう。玄関とか洗面所にあるのほぼ同じ。

こういうのって気付いたらその都度拭きゃ良いのにね。大らかなのか鈍感なのか。家族の無関心ぶりに呆れるやらです。(てか自分もそうか)

スイッチプレートを換えてみた

元々は拭き掃除で済ますつもりだったけど、その前にセリアにてインテリアデザインのスイッチプレートが多数あったことを思い出したんで、その内の一個を買ってきました。

品名は、インテリア木製一口スイッチプレート。

本体:13cm×7.5cm×0.8cm
適合サイズ:ネジ穴の上下間が101mmの規格品
付属品:ネジ2個

交換の仕方。
上下2本のネジをハズすとプレートがパカッと取れます。新しいプレートはそのまま取り付けるだけ。

※金属が電子端子に触れないよう注意。安全のため作業手袋を装着し、ブレーカーを落としてからやること推奨されてます。

そして、こちらが取り付けた様子なんですが、、う~ん。思ってたのとちょっと違うなぁというのが率直な印象。
壁が板材なんで木と木で統一感出て良い感じなりそうだったんですがね~。

結局、微妙だったんで前のを綺麗に拭きあげてから再び取り付けとくことにしました。
こっちのが清潔だし、お部屋にマッチしてます。

…以上!

オマケ

磨く前の汚れスイッチプレート。

磨いた後のスイッチプレート。

拭き掃除には重曹配合のクリーニングウェットシートを使用。重曹には研磨効果もあるため時間がかかりましたがかなり綺麗になりました。
ゴテッと汚れてたんでゴシゴシ擦ること5分くらい、合計15分くらいかければ新品とまではいかずとも見た目はかなり復活します。

クリーニングシートでなくても、食器洗剤とスポンジで洗うというのも一つの手。
毎日触る場所なんでなるたけ清潔な環境にしておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク