発泡ブロックを利用したパソコンデスクレイアウトの一例

部屋に机を置いてないと色々と不便なのでパソコン兼用の多目的デスクスペースをこしらえてみました!

というお話。

まあ拵えたというほどたいそうなものでもございませんが、こういうやり方もあるのだよ..という一例です。

ちなみに机を置く前は椅子の上に板を置いて机代わりにしてました。

ノートパソコンとマウスくらいならこれでも十分操作出来ますが、いつも見上げ気味で画面を見ることになるので首の負担が大きいデス。
このやり方、全然オススメしません。

使用したものはダイソーの発泡ビッグブロックと板

使用するものは、発泡ビックブロックよ適当なサイズの棚板が一枚。

元々、部屋の隅に物置きとして置いてたので特に買い足すことはありませんでした。
もし新しく用意するのならば200×4と1500円くらい棚板代がかかることとなります。この時点では、ですが。

発泡ブロックを重ね、その上に滑り止めシートを挟み、そして棚板をのせたら完成です。

色々と置いてみました。

肝心のノーパソの置き具合ですが、、ん〜..悪くはないけど、高さが低いですねー。も少し高くしとかないと猫背気味になって姿勢の悪化やヘルニアの原因にもなりかねません。

しょうがないのでもう一段足すこととなります。

ってなわけで、再び発泡ビックブロックを2個導入。
この状態で高さはおよそ30cmくらい。
あと5cmくらい欲しい気もしますが、前より背筋ピンとして入力できるようになったのでとりまこれでヨシ!としときます。

感想

狭い部屋なので机置くのも難儀なものです。

デカい机あると邪魔だし、小さ過ぎても使い勝手悪しで結局置かないことがベスト!と判断してました。今まではね。

今回作った(っちゅうほどのもんでもない)発泡ブロックデスクだと奥行きも丁度良いし、レイアウトの変更も移動も楽です。
いらなくなったらバラせばいいだけ。実に手間要らずです。

物を置いた時の安定度も中々だし、キーボード入力しても特にガタガタかたつくこともありません。

全てが僕の理想です。。

…いや、理想とまではいかないね。

ホントはもっとデカい机ドーンと置いて工務店ぽくするのが夢です。それにカタツキがないとはいっても物書き用途とかだと無理ありますよ。

狭い部屋なんだからあれこれ削ってたどり着いたのがこの形状の机。また必要に応じ改善していきます。

以上

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク