発泡ブロックを利用したパソコンデスクレイアウトの一例紹介

MyRoomには机がありません。(•ω•)

以前はありましたが、ない方が部屋が広く使えて良いと思い処分しました。

でも、月日は流れ、再び机がないとやっぱ不便なことに気付きました。なんせ椅子に板を置いて、その上にパソコンを乗せては作業してる状態でしたから…。

そこで! この度、パソコンデスク兼用で使えるよう多目的デスクをこしらえてみました!プチDIYで!!

ってかまあ、こしらえたと言うほどたいそうなものじゃあございませんが。
こういうやり方もあるのだよーという一例を今回は紹介してみようと思います。

▼なお、こちらが机がわりの椅子机。

一応マウス操作と簡単な入力なら可能ですが、いつも見上げて画面を見るため首に負担がかかります。よってこの椅子机は全然オススメしません。

ダイソーの発泡ビッグブロックと板で作るデスク

・使うもの

今回使用するもの。それはダイソーの発泡ビックブロックとホムセンで買った棚板一枚。

ともに元々部屋に置いてたのを使ったので新たに買うことはありませんでした。

もし、購入するとなれば…発泡ビックブロック200円×4、棚板1500円で合計2300円発生したこととなります。

・作り方

発泡ブロック2個積みをダブルでセットし…。

その上に滑り止めシートを挟み…棚板を載せたら…。完成です。

はい、こんだけ。

こんな即興デスクですが…。

色々と置くとちょっと良い感じに…なったような気が。

ノーパソの置き具合を見てみよう。

ん〜…悪かないけど、ちょっと高さが低いかな?も少し高くしとかないと猫背気味になって姿勢の悪化やヘルニアの原因になりかねない…。

うーん、それは大変だ。しょうがない…。もう一段足そう!

ってなわけで、再び発泡ビックブロックを2個導入して再セット。プラス400円出費。

この状態で高さはおよそ30cmくらい。(欲を言えばあと5cm欲しいかな?)

これで前より背筋ピンとしてキーボード入力できるようになりました。とりまこれで様子見するとします。

感想

しょうもないDIY紹介で恐縮。発泡ブロックに棚板乗っけただけなんでDIYでもなんでもないです。。
すみません。m(_ _)m

しかあし、こんな即興デスクですが利点はちゃんとあります。それだけは伝えておきたい。

まず、大きさ。自分好みのサイズの棚板を用意しすれば自在に決めれます。

配置替え…つまり移動させるのも楽です。

後でちゃんとした机を買い、「これはもういらん!」となった時は…そん時はバラせばいいだけ。手間がかかりません。

肝心の安定感だって、わりとしっかりとしたものです。キーボード入力しても机がガタガタしませんから。

…以上の理由により、この机こそ僕の理想の全てを体現した机といえましょう。

……いやいや、ちょっと大袈裟過ぎたか。理想とまではいきません。ホントの理想はもっとデカい机ドーンと置いて工務店ぽくしたいものです。

これは狭い部屋だからあれこれ省いた末、たどり着いた机。また、必要に応じて改善していくことになりそうです。

以上

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク