ニッケンかみそりのヘアカッターでセルフカット(自分カット)

とりあえず…メリークリスマス!!

新年まであともう少し。

身も心も綺麗にして今年をぶじ終えたいと思い、長くてうざくなってきた髪を自分カットしておくことにしました。

自分カットって?セルフカットのことですよー。

ニッケンかみそりのコンパクトヘアカッター

ダイソーで買ったヘアカッターを使ったら悲惨な頭になってしまった…と記事にしたのは今年の9月。

あれはもう使いません。

二の轍を踏まないためにも、今度はニッケンかみそりの「ヘアカッター」というやつを買ってきました。

ニッケンかみそりは100均カミソリの良心ともいえる会社だから、このヘアカッターもきっと良い使い心地でしょう。きっとそうだ。

刃はオーソドックスな両面式。

片面が通常カットで、もう片面が隙刃カット。
沢山切りたい場合は通常カットで、髪のボリュームを残したい場合は隙刃カットを使います。

たたむとコンパクトになるのも特徴の一つ。

コンパクトうんぬんより刃が完全に隠れるので安全ですね。

というわけでさっそくセルフカットしてみたわけですが、こちらはそのカット前のようす。

全体的に伸ばし放題してて、特に後ろ髪がかなり伸びててうざかったのですが…

だいぶスッキリしました!

とは言いつつも、細かなところはやたらビローンって長いのが出てたりするけどね。
そういうのはハサミを使ってカットしていくことになります。

感想

画像のとおり、粗い雰囲気ではあるけれどちょっとは小ざっぱりしたんじゃね?といった感じにはしときました。
下手くそだけど、遠目ではまあなんとか…という程度ですがね。

ここから先は微調整で長いところはハサミで切っていくのですが…

耳の後ろや襟首は自分で切るのは無理なので親にやってもらいます。

結局のところ、セルフカットといえど難しいところは人任せが一番なんだよねー。

ニッケンかみそりのヘアカッターの感想だけど、わりと良いですよ。

程よく剃れるタイプでして、通常刃で少々雑にザクザクいっても髪の毛は残ってくれてました。

坊主頭にはならない程度のカットに仕上げたい場合は、このヘアカッターはなかなか重宝すると思います。

僕的にもあまり短くしたくないんで、今後はこのヘアカッターをメインに使ってくことにします。

以上

クリスマス特別小話「セルフヘアカットするようになった経緯」

クリスマスだし特別に…

今日は特別になぜ僕がセルフヘアカッターになったのか?を少しだけ話しておきましょう。

某1000円カットで散髪してもらった時のこと。

その時の床屋さん、若い奴だったんだけどクシを頭にグリグリ引っ掻くように当ててきたんですよ。。 だからちょっと腹が立ったので、

「もう少し丁寧にやって欲しいだけど!?」

と申しでたら、その言葉が気に食わなかったのか「うち、そういう店じゃないから!」と怒ってきたんですね。そして、1000円差し出してきて出てってくれ!と追い出すように仕向けてきました。

もともと散髪苦手だった僕ですが、この時をもって散髪恐怖症へとアップデートされました。

どこのお店でも…ってわけじゃないんでしょうけど、安いカット屋は高回転で客を回してるせいで荒っぽい店員がいるケースは少なからずあります。

店員と言い合いするのは嫌なのでもうセルフカットでいいや…と、なったのが僕がセルフカッターに至った理由です。

セルフカットは変な頭になっても誰にも文句は言えませんが、人に文句言わなくて済むのが良いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク