コロナの窓用クーラー(ウィンドエアコン)を導入したので感想を述べておく

7月後半〜8月にかけて隣家が取り壊しにかかり、新しく家を建てるという話が湧いてきました。

僕の部屋の真隣がその家なんで夏場は窓が開けれなくなるという悲惨な状況になる見込み。

取り壊してる最中は避難することも考えてるけど、取り壊し済んだ後も家建てるとなるとやはりそうやすやすと窓は開けれません。
8月9月10月..と暑い時期に締め切り状態で過ごすということは体調にかなりの負担をかけてしまうことは予想されます。
下手したら死活問題に関ってくるので急きょ冷房装置(窓用クーラー)を取り付けるに至りました。

以上、前置きここまで

買ったのは、コロナのウィンドエアコンCW-1617

部屋の都合上、壁エアコンは取り付けれない(こともないけど金がエライかかるからやめた)ので窓用クーラーを選択。
特にこだわりはなく、チラシで32000円くらいで売り出されてのを買ってきました。

◼︎基本スペック

型番:CW-1617
冷房能力(50/60Hz):1.4/1.6kW
消費電力(50/60Hz):545/625W
期間消費電力量(50/60Hz):364/416kWh
運転音[音圧レベル](50/60Hz):室内=51/53dB、室外=62/64dB
高さ750・幅335・奥行240mm/質量21.0Kg
保証:冷媒回路=5年、その他=1年

製品HP
https://www.corona.co.jp/aircon/wind/index.html

◼︎機能
・内部乾燥モード
・ドレン水除菌

設置した様子

は、こんな感じ。

一般的な窓であれば小1時間くらいで取り付けれるとの記載でしたが、事実それくらいで取り付けれました。

作業内訳
・ザッとした設置 30分
・窓の隙間パッキン埋め、細かな微調整を合わせ
30〜60分

横の出っ張り長さはおおよそ15cmくらい。
ずいぶん前に使ってた窓クーラーと比べるとややコンパクトになった感は若干します。

枠取り付けがスムーズにいくかどうかが設置難易度に大きく影響します。
標準状態で取り付けれない場合は付属の金具でネジ打ちしないといけないので少し面倒そうです。
家のはそんな作業なしでいけたんであっけないくらい楽でした。

隙間風防止パッキンの加工は、、ハサミで切るというローテク仕様。
ややこいの勘弁だわ..って思ってたけどなんとか形にはなりました。

反対窓側も隙間埋めパッキン装着。

前面パネルを開けると中にはフィルターがあって定期的に掃除すること推奨されてます。

ここ、壁エアコンと違いエアコンクリーナー液による洗浄掃除が出来ません。
放っとくと内部にカビが生じてしまうのでその辺の対策も考える必要ありそうです。
(噂によると消毒用エタノールを吹きかけるという方法もあるとのこと。壊れたりしないかちょい疑問)

肝心の冷房の効き具合についてはこんな感じ。

クーラー運転時、室温約28度程度。

27度設定の微風モードで運転させて半時間経過した時の数値です。
30度から約2度下がった程度だけど湿度もやや下がったぶん体感的にはかなり涼しく感じられました。

感想まとめ

◼︎冷房の効き具合

試しに最低温度20度設定で運転させてみたところ、室温は23度まで下がったことを確認しました。

まだ猛暑真っ只なかというわけではないので潜在能力をフル発揮したわけではありませんが、よほど暑がりでもない限りは納得いく冷房能力だと思います。

◼︎取り付け難易度について

製品HP見るとですね、女の人が簡単そうに取り付けてる動画があるんですが、それはちょっと..と思わんでもなかった。

参考URL:
https://www.corona.co.jp/aircon/howto_m_waircon.html

取り付け自体はたしかにそれほど難しいことはないのですが、本体を運んでくるのがけっこうしんどかったです。

本体重量が20キロ以上あるし、部屋にはあれこれ置いてて狭い部屋なわけですから。
動画みたくガランとした空間で設置するのとはまた勝手が違う..ということです。

一般的な体力があると自負できる人なら一人でもいけますが、女性や年寄りとなると本体を部屋に入れるまでがまず第一関門です。
体力のない人は二人で挑む必要アリ!でしょう。

◼︎満足度

壁かけ式のエアコンのが電気代が安いという大きなメリットがあります。長く使うと窓クーラーと比べて倍くらい違ってくるという話ですから。

僕も当初は壁かけエアコンにするつもりだったのですが、電源やブレーカー増設が必要とかゴタゴタ言われたんでやめました。
標準工賃無料としつつ、45万も余計に見積もり出して、さらに家にボコボコ穴開けて..ってなるとね。もうええわってなりますよ。

おっと満足度の話だったな。

100満点とは言い難いけれど、家の都合上制限された範囲内での冷房手段としては十分合格です。
音もわりと静かだし(扇風機「中」くらいの感じ)、冷え方もペンギンは住めないけど十分でしょう。

あとは、電気代がどんなもんになるかを注視していくだけ。
当面は27度設定と微風、そして扇風機も併用しつつ可能なかぎりエコ運転していこうと思います。

おわり

◼︎追記

除湿性能のこと書いときます。
冷房を運転させてる間は湿度が下がりますが、運転が止まるとブワァ..と湿度復活します。(ノンドレン方式なので溜まった水は蒸発される仕組みだとか)

導入当初は除湿機として活用することも考えてましたが、水の排出が出来ない以上新たに簡易的な除湿機を買うことも検討してます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク