200円で自作したサコッシュバッグ的な小荷物鞄

100均商品を使ってサコッシュバッグを自作してみた!っていう話ですが、そもそもサコッシュバッグとは何か?についてまず解説しておきます。

■サコッシュの由来と特徴

フランス語「Sacoche」が元々の語源。

大雑把には吊りカバンを意味する言葉ですが、主にロードレース競技で走行する選手に配る補給バッグのことを指し示すそうです。

具体的な特徴についても、自転車競技用の鞄なだけに走行の邪魔にならないよう軽量かつ簡素なつくり。

そんな競技者向けなバッグですが、
どういうわけか、今日においては別に自転車競技じゃなくても登山やトレッキング、はたまた散歩用手荷物入れとして使ってもイイジャン!ってことで目的用途に応じ素材や形も多種多様にわたって販売されるに至ってます。

つまるところ、
サコッシュ=小荷物用ショルダーバッグって認識で良いんじゃないかな?というのが僕的見解です。

用意したものと作り方

サコッシュバッグ作りにあたり買ってきたのは次の2点。巾着袋とステッチテープのみ。
購入店は共にセリア。

見れば想像つくと思いますが、
巾着袋にショルダーベルト(ステッチテープ)を取り付ければ晴れてサコッシュバッグ完成!という実にシンプルなものです。

かばんテープ売り場に置いてあったステッチテープ、25mm×1m。
材質はアクリル。made in JAPAN.

巾着自体に縫い付けるという高度な方法はとらず、紐に通してステッチテープを折り返して縫い付けます。

縫い方は適当。
かえし縫いだと裏手の仕上がりが微妙になるんで往復して縫い付けました。

仕上がった様子はこんな感じ。
ただの巾着袋もベルトをつけるだけでサコッシュになるんだからたいしたもんです。

活用してみた

昼下がりの午後、運動ついでに近所の公園に持ってってみた。

入れてきたものはコーヒーと汗拭き用のタオル。

そして、歯ブラシと軍手ひと組。

こんくらいの荷物を運ぶのにリュックやどデカイ鞄は必要ないんで、本当ちょうど良いサイズですよ。このバッグ。

ん?アンタ、ステッチテープのデザインが変わってるじゃないかって?

そうです。変えました。

先付けたテープは縫い方が微妙だったのでやり直そうとハサミでちょん切ったら、テープの先からバラバラにほどけてしまったんですね..。
なので、デザイン変えたついでに今度は縫い付けを上下2重にして頑強化しておきましたよ。

感想

見た目的にはサコッシュバッグというよりは、なんだかアルプスのハイジのペーターが持ってる布バッグにも見えるかも?
ってかサコッシュバッグ作った!を自称して良いものか迷いました。

手縫いなんで強度やらもないし、防水性も皆無なんで万能バッグとは言い難し。

(ん〜、これは失敗したか..?)

いやいやいや、このチープな外見だからこそサコッシュの真髄を感じることが出来るというものではないでしょうか?

本来、サコッシュは補給物資を受け取ったらクチャッと丸めてポッケに仕舞えるくらいの簡素なものなのです。

作ってみたのも同様、持ち歩くのが苦にならず、ただ荷物を入れて肩から吊り下げるだけといういたってシンプルなもの。

うん、もうこれ十分サコッシュですね。
そゆうことにしておこう!

おしまい

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする