ふすま紙(アイロン式のやつ)を張り替えた。部屋が明るくなった。

去年からやろうやろうと思いつつも先延ばしにしてたふすま紙の張り替え作業。とうとう、日曜日やりました。

まあ、張り替えた!ってのは大袈裟でして、
下地を剥がして云々..ではなく、アイロンで貼れるタイプのを使ったんで正確には「重ね張り」になりますがね。

一応そこそこ綺麗に張れたんで、その時の様子や手順を忘備録も兼ねて紹介してみることとします。

※作業は自己流も含まれてます。参考にはなさらず一例程度に留めておきたく存じます。

張り替えにあたって用意したもの

けっこう沢山そろえました。

・アイロンで貼れるふすま紙×2セット
・マスキングテープ×2セット
・スチームアイロン
・延長コード(アイロンを延長させるのに使用)
・カッター
・ステンレス定規
・はさみ
・マイナスドライバー(引き手を取るのに使用)
・ペンチ(同上)

そして、100均で入手した「ふすま・しょうじ補修シール」。

元ふすまの破れ箇所を穴埋め補修するのに使います。
そうしとかんと新紙張った際にシワや歪みやらの原因になるからね。

張り替え予定のふすま。

画像で見るとそんな汚れてなくも見えますが、実際はも少しくすんだ色してます。

新紙と並べてみた。

新しく買ってきたふすま紙も完全真っ白柄ではないものの、比べてみるとやはり全然違いますね。

張り替え手順

主な流れは以下のとおり。

ふすま枠をマスキングテープで保護する

引き手を外す

破れ箇所を補修シール等で埋めておく

新紙をセットし、余りをハサミ等でカットする

アイロンを当てて接着させる

枠に沿ってカッター等で紙を切断していく

再びアイロンを当て、ヨレや未接着部分を失くす

一応終了

数時間後もしくは数日経ってから、ヨレが出てくる場合もあるので、その際は再びアイロン当てする必要があります。

作業の様子

まず、マスキングテープでふすま枠四面を保護。

マスキング作業をしないでアイロン接着すると紙が枠にくっついて難儀な状況に陥るのでけっこう重要です。

ふすまの引き手を外す。

※専用道具もあるけど、マイナスドライバーとベンチ(釘抜きに使用)で代用してます。

ふすま紙をセット。

※ここで余分部分をカットしとくらしいけど、面倒だったのではしょりました。

そして、アイロンを押し当ててくわけですが、、
アイロンの当て方については、中央から横にススー..と当て、次は真ん中くらいから縦方向上下にススー..と当てていきます。

ここで注意したいのは、長く押し当てないこと
高温に熱せられたアイロンを長く当ててしまうと、最悪紙を焦がしてしまいかねません。
ススー..と一方通行(リターンしては駄目)で当ててくのがポイントです。

「へり」部分もアイロンの先端でススー..。

全体的に張り付いたかな?と思ったら、「仮張り」はいったん止め。
次、紙を枠に揃える「切りそろえ作業」に移ります。

使用したのはカッターとステンレス定規。

この切りそろえ作業は、おそらくいく通りもやり方があると思います。

僕の場合、紙を一定間隔で切りつつ、マスキングテープとふすま紙をその都度剥がしていく..という手順でやりました。

切りそろえを終えたら、引き手穴中央にカッターで切り込みを入れてはめ込みます。

そして、最後。
シワや「よれ」を失くすため、今一度アイロン当て直し、晴れて一枚分が終了です。

写真で見るとけっこう綺麗ですが、実際は素人作業だなぁ..って箇所もあります。
まあ、パッと見よくなったんで満足です。

やってみた感想まとめ

■見た目

張り替えたことで気分一新しました。
でも、枠の切り揃えにおいては丁寧にやったつもりにも関わらず雑な部分もあるので、やはり業者の人がやるようにはいかないようです。

■作業難易度

アイロン張りなんで簡単に出来るでしょ!なんて思ってたけど案外重労働でした。

作業については、最初の一枚目がやはり一番手こずりましたね。
その後、要領掴むごとに張り替え精度はアップしていき3枚目からは一枚30分程度で張れるようになりましたが楽な作業ではなかった。

■使用した100均アイテム

新たに入手したのは襖・障子の補修シールだけですが、カッター、ペンチ、ステンレス定規等は100均で買い揃えたものです。
他、マスキングテープも売られてたんで、次張り替える時はそれも買っとこうと思います。

以上、ふすまを張り替えた!という話はここまで。

正直、始めた当初は面倒な作業をやってしもうた..と思ったけど、張り替えが終わった今となってはDIYスキルアップしたった!ってことで納得してます。

業者に依頼すればもっと綺麗にやってもらえるとは思いますが、穴ぼこついてくすみがかった襖よりは見た目的にも大分マシになりました。

二日程経過した今、張り替え直後には見られなかったヨレが浮き出てきてるんで、再びアイロンがけしてシワを延ばす必要がありそうです。
なので、100点満点ではなくせいぜい60点くらいですね。(費やした費用が3000円弱なんでまあそんなもんかな?)

おわり

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする