ダイソーで見つけたダイヤル型のタイヤゲージ

先日、ちょっとした用事でとある寂れた商店街に行きました。するとそこにあったのは、やはりちょっと古めかしい雰囲気したダイソーでした。

店内の照明は薄暗く、モノは所狭しと並べられてていかにも一昔前の100均店舗といった佇まい。しかしそんな店だからこそ、これはレアでしょ!と思えるようなモノがあるハズ。なんて思いつつ徘徊してたらやっぱりあったのですね。

ん、何がって?

そう、、タイヤゲージ!!

タイヤゲージは自動車やバイクのタイヤの空気圧を測定する器材なのですが、僕はバイクに乗ってるので前々から欲しいなと思ってました。
それがまさかダイソーにあったというのだからちょっとした驚き。
でも、これ本当に使い物になんの?どうなんだ??まあいいや、とりあえず買っとこう..ってなわけで衝動買いしてみた次第です。

ダイヤル型タイヤゲージ

こちらが買ってきたタイヤゲージ。

■材質
本体:ABS樹脂
透明カバー:耐衝撃性ポリスチレン
ボタン:真鍮

■適応車種
車:○
バイク:○
自転車:×

車両工具に属する専門器材なので、精度についてはダイソーのは精密とはいえず100kPaあたり±7kPaの誤差は生じるとのことです。(パッケージ記載)
言ってみれば簡易的な目安計ですが、買おうと思ってた矢先に発見したのでなんか得した気になりました。

測定値保持タイプなので、計測した後は丸でかこったリセットボタンを押します。すると数値はゼロに戻ります。

測定限度圧は350kPa(キロパスカル)。
特に少ないとかでもなくメーカー製のと同等程度の限度圧が測れるようです。

エーモン エアゲージ(ペンシル) 最大測定値350KPa A58

空気圧の計り方

使い方はいたって簡単。

タイヤのバルブにタイヤゲージの口金部を当て、空気漏れがないようしっかり押し付ける..だけ。この時出た数値の高低によってタイヤ内の空気が減ってるかを判断するわけです。

もし、空気圧が減りまくってたらどうなるか?
パンクとか横滑りの恐れアップするので早く空気入れないといけませんよ。

使用してみた感想

僕は車持ってないのでバイクで測ってみました。

測定された数値は前タイヤは150kPa、後ろタイヤは160kPa。(標準は前170kPa、後ろ200kPa)
±7kPaの誤差を含めたとしても若干かなり空気が減ってるのが分かったので、さっそくフットポンプで空気を入れ足しときました。

精度については後輪タイヤの空気の減り具合からしてそれほど出鱈目な数値が出てるわけでもなさそうな感じ。僕的には減ってるかどうかの目安数値さえ分かれば十分だったので後は末永く使えれば..と思ってます。(でも、この手のメーターって針がすぐぶっ飛ぶからなぁ..どうなんだろ?)

最後、
冒頭でも書いたことだけど、今回買ったタイヤゲージは他のダイソーではお目にすることがなかった製品です。
どこにでもあるってわけでない様子からして、ひょっとしたら生産終了品かも?なんて思いました。(よく分からんけどね)

まとにかく、寂れたお店はレアアイテムが眠る発掘地帯だ!ってことで締めくくっておきます。

おわり

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 通りすがり より:

    これ昔に買った憶えがあります。最近は見ないので生産停止かもしれないですね。

    • タニオ より:

      生産中止ということはあまり売れ行きが良くなかったということなのでしょうかね?
      行ったお店は古いジャズCD(00年代の)が置いてあったんで、在庫から引っ張りだしてきた可能性は高そうです。