コンパクトかつミニな外観が可愛い折りたたみ椅子の使用例

一年以上前に買ってた折りたたみ椅子(パイプ式の)がなくなってしまったんで、ダイソーにて新たに買い直してきました。
以前のと同タイプのを買っても面白みがないので今度はちょっと違うバージョンのやつです。

何がどう違うか?っていうと、見た目がまず違います。
それに、、手が挟みやすいとか色々ですね。
その辺については使用例として画像紹介しておくので、ああこんなものなのねと納得して頂ければ幸いです。

プラ製折りたたみ椅子

こちらが新しく買った折り畳み椅子。

サイズ:幅235mm×奥行き190mm×高さ180mm
耐荷重量:約50kg
価格:200円

以前買った折りたたみ椅子(正式名称はレジャー椅子)は値段が150円でしたが、こちらは200円とちょっと高め。ですが、施された装飾からして50円分は確実にお洒落な見た目となってます。

関連記事:
ダイソーの折りたたみ椅子が凄まじく便利過ぎる件

使い方もいたって簡単。
開いてパシッと閉じれば即座に簡易椅子に早代わり。

参考使用例

先日の好天気を見計らって散歩ついでに写真撮りにいってきました。

座れるものなら座ってみろ!ってところに置いてみた。

ここも絶対座りたくない。

ベンチでくつろぐ折り畳み椅子くん。
なんか生き物のように思えてくるから不思議。

玉乗り遊びしてます。

隠れんぼ。

庭園みたいな所にさり気なく置いとくのもなかなかオツなものです。

場所はうってかわって近所の競技場にて。
客席が混雑して座るところがないという場合、このように階段に置いて臨時椅子として使うという案もあります。
でも、周りからウザがられる可能性もあるのでその時は素直にどきましょう。

しかし誰もいない競技場ってなんでこんなに寂しいのだろうか?

廊下に置いた。
意味ありげな雰囲気になった。

取っ手穴が備わってるからちょっとした出っ張りに掛けておけるのが便利。

そんなわけで、使用例写真用の写真撮影はここまで。
一足早い春の到来を感じたこの日、僕は一生この折りたたみ椅子を手放さないぞ..と想いを胸に抱き帰宅するにいたります。

感想

家から競技場行くまでずっと片手に持って歩いてったわけだけど、取っ手がついてたのでちょっとした鞄感覚で持ち運び出来ました。
持ち運び用途においては前買ったパイプ式の椅子よりもアドバンテージは高そうな感じです。

今回はほぼネタ感覚で写真撮りましたが試し使いしてるうちにやっぱこういう椅子があると疲れ具合が全然違うな..ってことを再実感。
その辺のベンチを探して座る..ではなく気が向き次第すぐ座れる!ってのが実に素晴らしく便利なのです。

なにかと気忙しい世の中。ふと疲れてることに気付いた時はこういうコンパクトな椅子を片手にお散歩してみるのも良いかもしれません。
案外癒されますよ。

おわり

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする