プラモ製作が捗る100均工具5選

クリスマスが終わった。

正味ヤレヤレだぜ..といったとこです。

こういうこというと寂しい人間みたいだけど、一人ものだとああいうイベントごとってのは時間を持て余してしまうだけだったりするから。

まあ。つっても別に雰囲気が嫌いってわけじゃないけどね。

それにしてみても、
昔みたいに手放しに「なんか良いな~」って思えなくなってきたのは僕だけだろうか?

不況
高齢化社会
少子化問題

各々の要素が複雑に絡み合う昨今においては、クリスマスというハッピーなイベントも時代にそぐわなくなりつつあるんじゃないかな..?

ふと、そんな風に思えた今日この頃です。

プラモデル作りに使える100均アイテム

連休の暇にあかして映画見たり、プラモを作って時が過ぎ去るのを待ちました。

そこで、
ついでなんで今回は「プラモつくり」にスポットをあてて、これは使えるでしょ!っていう100均アイテムを紹介してみたいと思います。

その①ニッパー&カッターナイフ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まず最初はこれ、プラモ作りにおいて定番中の定番アイテムであるニッパーとカッター。
あまりに定番すぎるんで紹介するのもおこがましい気がしますが、まあ必要です。

ニッパーの作りはあまり精度の高いものでもないけどパチンパチンと簡単に切り取るくらいは出来ます。
おおまかに切り取ったあと、ヘタ部分が残ってたらそこをカッターで切り落とす..。

この手間作業、けっこう癒されます。

その②薬箱

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

プラモのパーツ入れにちょうど良いのが「薬箱」。
写真のは21個の細かな仕切りがあって、フタを閉めたら中身が散らばらないように出来てるやつです。

これ、プラモ作りだけでなく電子機器を修理する時なんかのネジや部品入れにも使用出来るんでけっこうオススメです。

その③ダイヤモンドやすり

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今はこれが精一杯..って言いたくなった。

実は100均でも実はダイヤモンドを買うことが出来ます。ただし、天然ではなく工業用に合成されたダイヤモンドですがね。

僕の場合だと耐水ペーパーで仕上げることが多いにので使う機会は必ずしも多くはなかったりもします。
しかし、なきゃないで不便。
持っとかないと話にならないよって指摘されるNO.1工具です。

その④超精密ドライバー6本入り

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ラジコン系のプラモの場合、小さなネジを多様するもの。
なので、精密ドライバー類も製作には欠かせないマストアイテムといって差しつかえはないでしょう。

ちなみに画像のはダイソーで買ったもので、
サイズは左から..

1.0mm
1.2mm
1.3mm
#0
#00
#1

時計用途だともっと小さなドライバーが必要になってきますが、まあ大概の場面においてはこんだけ揃ってればなんとかなります。

その⑤紙やすり(耐水ペーパー)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

画像の耐水ペーパーは100均で買ったものではないですが、一応売られてるんで紹介しときます。

耐水ペーパーは基本的に紙やすりと同じものですが、主に金属類の研磨などに使用することが多く、利点は「水に強いこと」。大量に粉が飛びそうな作業をする時は水で濡らしながらヤスリがけすると粉の飛び散りが極小で抑えられます。(粉塵類ってのは吸わないに越したことはないんですわ)

目のサイズも豊富かつ極細目まであるので、仕上げ用においては通常の紙やすりよりはアドバンテージが高いと思われます。

以上、
プラモデル作りに役立つであろう100均アイテムの紹介はここまで。

他にもなんだかんだ流用出来そうなアイテムは数多くあると思いますが、その辺については各々調べて発掘していくというのがベストでしょう。

プラモに限らず、モノヲ製作スルというのは終わりなき道。

つまり探求の連続です。

道具を揃えて満足!となる前に、
てっとり早く必要道具を揃えてさっさと始めて、気に入らないぜコレ..ってなったらその都度買い直すってのが正しいスタイルではないでしょうか?。

そういう意味では100均工具類もけっこう捨てたもんじゃないですよ。(なんか昔も同じようなこと書いたかもしれないな..)

おわり

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする