iPhoneの保護フィルムをスムースタッチ(マットタイプ)のに変更した

どうもこのところiPhoneの電池の持ちがよろしくない。

充電80%から50%まではわりと長く持つけど、40%をきると途端に20くらいまで減り、そこから一気にシャットダウン。
そんな状態にみまわれることがしばしばある。

使ってるのはiPhone5s。

購入したのが2014年の2月なのでもうすぐ三年経つということか..。
大体においてこの手の製品というのは2年くらいを目処にバッテリーの劣化が加速化するので、そろそろ買い替え時ということかもしれない。

まあそんなわけでして、こないだ画面直したばっかりなのに新しく買いかえるってのもなんだかな~といった気分。
携帯機種って高いですからね..。
思わぬ出費になりそうなんで、今後は節約生活に入る必要がありそうです。

スムースタッチフィルムを買った

つい先日貼り替えたばっかしの液晶保護フィルムだけど、なんかツルツルが過ぎる気がしたんで再び違うのに貼り替えることにしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

購入店は前回と同じくキャンドゥ。
前買ったのはブルーライトカットタイプだったけど、今度はスムースタッチというのにしてみました。

特徴一覧

・ハードコート(傷に強い)
・スムースタッチ(なめらか)
・防指紋(汚れにくい)
・シリコン吸着層50μ(気泡が出来にくい)
・スリットセパ加工(貼りやすい)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

解説。
色々と書かれてますが、新しいタイプのマットコートフィルムだそうでこれはなかなか期待出来そうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スリットセパ加工。
半分に分かれてるので綺麗に貼れます。

貼ってみた様子

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらが前のブルーライトカットの保護フィルム。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらが新しく貼ったスムースタッチの保護フィルム。
違いはわかるでしょうか?
画像じゃ分かりにくいかもしれませんが、マット仕様なので反射が抑えられているんですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

斜めから見てみるとその違いがよく分かります。
光沢フィルムの場合だと鏡のように反射して後ろの景色が画面に丸写りしますが、このマットフィルムだとそれが起こりません。
反射が少なくなった分、目への負担も少しは抑えられそうです。

タッチ感について

ツルツルから少しだけヌメェっとした感じになりました。これこそマット!って感じの触り心地。
人によっては好みは様ざまかもしれませんが、僕的にはやっぱこっちの方が好みですね。
おかげでミスタッチも少し減ったようだし、当面はこの保護フィルムを使ってこうと思います。

おわり

…感想が短すぎたんで、もう少しなんか書いておきます。

スマホを買い換えるとしたらおそらく次もiPhoneになるでしょう。
アンドロイドの方も魅力的な機種があったりしますが、iPhoneの場合購入したアプリとかけっこうあるし、アンドロイドにしたらそういうのを再度購入しなおさないとなりませんからね。

出費は最小限に抑える!

これが僕的鉄則。
ただ機種代だけはどうにもならないので、当面は購入資金をプールする生活に入ることとします。(なんか冒頭と同じようなこと書いてしまったな)

再びおわり

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする