お弁当、キャンプに持っていくのに便利なゆでたまごケース(2個入り)

東京では初雪が降ったそうな…
さらに気温は刻々と冷えゆくそうな…

そんな寒い時期、外でお弁当なんて気分になれる人はほとんどいないでしょうが、今回はどちらかといえばアウトドアライフ向けの100円商品の紹介です。

ダイソーで買ってきたひよこ型のゆで卵ケース

ダイソーのゆでたまごケース2個入り③

買ってきたのはコレ、その名も「ゆでたまごケース(2個入り)」。

購入店はダイソー。
この卵ケースはわりと最近出た商品のようで、そのまんま卵を茹でて持ち運びするのに便利なケースとなります。

ダイソーのゆでたまごケース2個入り④

パッと見、分り辛いけど「にわとり」の形してます。コケコッコ

ダイソーのゆでたまごケース2個入り①

卵を入れて見た様子はこんなもの。
Mサイズの卵でも全然ユルユルなので、Lサイズの卵もいけそうです。

ダイソーのゆでたまごケース2個入り⑤

ケースの耐熱温度は140度。
なので、そのまま熱湯で茹でることが可能です。

利用シチュエーション

  • お弁当のおかずに茹で卵丸ごと持っていきたい場合
  • 登山キャンプなどで荷物を減らした状態で食料を持ち運びしたい場合
  • ロングツーリング時における滋養補給として茹で卵を食したい場合

..etc、使い方は様々考えられます。
僕の場合だと、バイクで日帰りツーリングに出掛けることが多いので、途中疲れた時に卵を食べてエネルギーチャージするのに使う予定。

衝撃吸収について

ケースそのものはわりと頑丈に出来てるので、うっかり卵を押しつぶしてしまう..という悲惨な事態は免れるでしょう。
理屈的にも素の状態に比べると、「皮のよろい」をまとったくらいにまで防御力はアップしたハズですから。

しかしながら、
パッケージにも書かれてることですが、基本「茹で卵」専用のケースなので茹で卵でなく生卵を入れて持っていきたい..という場合は注意が必要となります。
もし生卵を入れた状態で固い地面に落としてしまったとしたら、さすがのケースも衝撃には耐え切れず割れてしまう可能性大です。

ダイソーのゆでたまごケース2個入り②

どうしても生卵を持ち運びたいというのであれば、サランラップにくるんだ状態でケースにしまうというアイディアもあります。
これなら万一割れたとしても被害は極小で済むし、中身もツルンと飲み干せるので無駄知らずです。

以上、
ひよこ型のたまごケースの紹介はここまで。
以前にも、別の100均で買った10個入りのたまごケースを紹介したことがありますが、これはどっちかというと持ち運び用途には向かず家庭内保管用のケースでした。

参考記事:たまごケースで卵を守護れ!

今回新たに売り出されたのはあきらかにアウトドア用品を意識したつくりです。
基本茹で卵専用ケースですが、工夫次第では生卵も持ち運び出来そうですからね。(ただし、割れた時の対策は必要!)
ちょっと値段を出せばamazonとかで専用ケースが売られてるんで、今まではそれらを買えばいいい..って話でしたが、こういうのが置かれるようになったのだから貧乏アウトドアライファーとしては嬉しいかぎりです。

それにしても、ここ最近はダイソーもアウトドア用品が充実してきた感じ。
次はどんな商品が販売されるのか?胸の高鳴りを抑えきれません。

おわり

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする