簡単・便利なペットボトル用浄水器「クリスタルH2O」でリフレッシュな水を飲みました。

水は生命の源。

どうもこのところ不運と不注意がつづれ織るかのように続いてるのでバイオリズムを整える意味でアルカリイオン水なるものを作って飲んでみることにしました。
秋口以降は夏場に比べて水を飲む機会が減ってたので、そういうのが新陳代謝の悪化を招きバイオリズムの不調となってるのではないか?と思ったからです。

※今回は100均ネタは関係ありません。

ペットボトル用浄水器「クリスタルH2O」

ペットボトル用浄水器1

用意したのがコレ、「クリスタルH2O」。
いわば簡易的な浄水器なのですが、
ペットボトルにこのクリスタルH2Oを入れてしばらく置いとくと、水道水が浄水されアルカリイオン水になるというものです。

このクリスタルH2Oは今年の8月にamazonで注文したやつでして、その時は公園の水を浄水して飲めたら水代がタダだ!というイミフな目的で購入しました。
結局、そういった使い方はしませんでしたが、これを入れておくと水に含まれる重金属・鉛・塩素を吸着除去してくれるので持ち運び浄水器としても使えるのがポイントです。

アルカリイオン水についての記述
アルカリイオン水は、アルカリイオン整水器(JIS家庭用電解水生成器:JIS T 2004)を用いて飲用適の水を電気分解し、陰極側より生成されるpH9〜10の弱アルカリ性電解水を指し、胃腸症状改善効果が国から認められている。厚生労働省告示第112号、および日本機能水学会では、「飲用アルカリ性電解水」という名称が用いられる。
引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%B3%E6%B0%B4

キャッチフレーズ:「水道水で作るアルカリイオン水」「500mlボトル120~180本繰り返し製水」

成分:備長炭、脱塩セラミックス、麦飯石、貝化石、トルマリンセラミックス、水溶性炭酸カルシウム鉱石

詳しい製品仕様はHPで。
http://www.n-kc.co.jp/lineup/cry-h2o.html

ペットボトル用浄水器2

パッケージ裏、上部。

ペットボトル用浄水器3

パッケージ裏、下部。

ペットボトル用浄水器4

本体の浄水スティック。
袋入りですが、開封してペットボトルに入れて使用します。

使い方

は、以下のとおり。

よく洗ったペットボトルに本品を入れ、水を半分入れて上下に10回くらい振ってください。 ゆすり洗いした水は一度捨て、水道水を入れるだけ。

使い始めだけ若干鉱石のくずがでますが、品質には問題ありません。

塩素・カルキは約10分で除去できますが、よりきれいで美味しい水を飲む為には500mlボトルに1本で90分位。
2リットルボトルに1本で3時間位、2~3本入れていただくと2時間位で製水することが出来ます。
減った分は注ぎ足して使用することがでます。

製品HPより引用:http://www.n-kc.co.jp/lineup/cry-h2o.html

水道水を入れたら「即座に浄水」というものではなく、ある程度のつけ置き時間が必要になります。
もちろん持ち運びにも使えますが、基本は家で使うもの。例えば、寝る前に冷蔵庫に入れて冷やしておき、朝起きたて飲む..というのがベストな使い方のように思えます。

出来上がった水

pb111363

心なしか透明度が増してマイうな水になったような感じですが、はてさてお味はどんなものでしょうか?
それでは飲んでみましょう。

グビグビ..グビ…(ふぅ..)

感想

ん~..実にクリスタルな味わいではないか!?
と海原先生も納得なご様子でした。

冗談はさておき、水道水特有のカルキ臭さがほとんど感じられないくらいまで減ったのでスッキリ美味しい水になったのは本当ですね。
多分、料亭とかで出されたとしたら、「さすが高価な店は水も違う!」と思ってしまうような..変な例えですがそんな感じの水です。

家では蛇口式の浄水器も取り付けてるのですが、ここ最近はあまり浄水されてないのか、ちょっと味が変かな?ってなって思うことも多々あったので少し水とは疎遠な暮らしをしていました。
このクリスタルH2Oで作った水ならグビグビ飲めそうなので、体に潤いを与えリフレッシュしてみたいと思います。

おわり

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする