ネックウォーマーにもなる2WAY仕様のニット帽の使い心地について述べてみます。

ここ数日、寒波が過ぎ去ったのか?わりと暖かな日が続いてる感じ。
一時は真冬か?!って思うくらい寒くなってましたからね..。それを思えば随分と過ごしやすくなりました。

そういや、たしか去年は暖冬だったっけ?
けど、今年はどうなるのでしょうね?
寒けりゃ寒いで嫌ですが、暖かい冬というのもそれはそれでなんか違う感じ。
夏場は暑過ぎて、その時は寒いほうが全然マシ!と思ってたけど、いざ寒くなるとそれに嫌気をさしてしまう自分。けっこう身勝手です。
(日本は四季があるとか言うけど、丁度良い気温の時期ってのが少なすぎるのが問題なんだ)

2WAY仕様のニット帽

さて、今回の100均ネタといきましょう。
買ってきたのは、お洒落アイテム「ニット帽」。

秋定番の紅葉見学に向けて..というわけでもないですが、このところ風が強い日が多いし、暖かくなったとはいってもどうせすぐ寒くなります。
なので、今後来たる冬場に備える意味であったかそうなニット帽を手にいれておきました。

ダイソーのニット帽1

ニットキャップ(KNITTED CAP)

購入店は毎度のことながらダイソー。
見てのとおりごく普通のニット帽なのですが、値段は100円ではなく300円商品。少し高めの値段となります。
300円という高価格に心臓がビクつきましたが、コレちょっと面白い機能がついてるんですね。

ダイソーのニット帽2

その面白機能とは一体?!
って、特に面白いわけじゃないですが、このニット帽はネックウォーマーとしても使用出来るというものなのです。

「左にねじるとキャップに、
右にねじるとネックウォーマーに!!」

そう、2WAY仕様タイプのニット帽なのだ。

ダイソーのニット帽4

首が通れるようトンネル形状になってます。

ダイソーのニット帽3

そして、材質はアクリル100%!(←そこ自慢するとこ?)

装着例

ダイソーのニット帽6

あんた誰?
ってのはおいとくとして、ニット帽モードはこんな感じです。
どうでしょう?
僕的にはニット帽単体としてもけっこうお洒落に思えます。

ダイソーのニット帽5

目玉機能のネックウォーマーモード。
「ち、窒息する..」って見た目で息苦しくも見えますが、首周りについてはたしかにアタタカイです。(アッタカヤ~)

感想

値段が300円という高価格なだけに、つくりや素材の厚みなどはわりとシッカリとしたものでした。
この価格もまま納得といったところ。
他にも100~200円のニット帽も売られてましたが、それよりは明らかにランク上な品質なので、この点は値段設定に忠実なダイソーサスガ!と感心するばかりです。

ネックウォーマーとしての使い心地

肝心のネックウォーマーとしての使い勝手はどうなの?
って話ですが、一度ネックウォーマーとして使った後、いざニット帽に戻す時に形を整え直さないといけません。
なので、あんまし「お手軽帽」とは言い難い..というのが率直な感想です。

適当にワシャワシャまとめて頭に乗っけてると明らかにあんたダラシナイよ..の形になるのでどっちかというとファッション経験豊かな人向けの帽子ですね。2WAY帽ってのは。
むしろこの帽子を格好良く乗せれる人は「お洒落マン」の称号をもらって良いと思います。

僕はファッションマンじゃないし、頭が大きめなのでネックウォーマーとしては多分使うことはなさそうです。

おわり

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする