メガネ野郎に朗報、ダイソーのオーバーサングラスが進化していた!!

こんばんわ、タニオです。

ダイソーではオーバーサングラスなる商品が売られているのはご存知でしょうか?
オーバーサングラスとはメガネの上からでも装着できるよう縁取りが加工された大きめのサングラスのことです。
それが以前から売られていたわけですが、今回そのオーバーサングラスが地味に進化していることに気付き
改めて買い直してきました。

オーバーサングラス ダイソー

こちらがダイソーのオーバーサングラス。
「地味に進化した」と書きましたが、旧タイプから一体どこがどう変化したのでしょうか??

オーバーサングラス ダイソー

変化した場所、、それはサイド部分です。

このサイド部分って前のはプラスチック感丸出しの黒一色でした。
それが透明化していたというわけです。
正面から見たら分かり辛い変化ですが、このサイド部分が透明化されたことで、100円で入手した安物サングラスという雰囲気がかなり払拭されたように思えます。
これは地味ながらも良進化といえるでしょう。

ちなみにコチラは旧タイプ。
やっぱ単色は玩具っぽい雰囲気が否めませんね〜。

オーバーサングラス ダイソー

フレームにはDGS-73Kという謎の数字が刻印されていました。
100均で売ってるメガネに製造番号が必要か?って気持ちもない訳でもないですね。
でもまあ、気合いを感じます。

オーバーサングラス ダイソー

さっそく装着してみました。
僕がメガネをかけている人という風にはあまり見えないんじゃないでしょうか?

オーバーサングラス ダイソー

最後は浜田省吾(古い!)っぽくシリアスにキメて格好をつけてみました。

J.BOY!!

100均商品はマイナーチェンジが多い?

100均産業の最大手であるダイソーですが、商品内容の入れ替わりが激しいようで、以前あった商品が突如なくなってたり、製造販売そのものが中止されら商品が数多く存在します。
商品のマイナーチェンジもけっこう頻繁で、ちょっと期間をおいたら違うデザインに切り変わってたりするのだから商品企画が不安定なのかもしれません。

そんな中、今回のオーバーサングラスは良い方面でバージョンアップしていたので紹介してみましたがどうだったでしょうか?
以前の単色カラーに比べるとサイド面が透明化したというだけで「安っぽさ」がかなり払拭されています。
顔面に装着するアイテムだからこそある程度の品質は確保しておきたいもの。
この品質なら数千円する高額?オーバーサングラスを買わなくても済みそうです。

終わり


Coleman(コールマン) メガネの上から掛けられるオーバーサングラス 偏光レンズ ブラック CO3012-1 Coleman(コールマン) メガネの上から掛けられるオーバーサングラス 偏光レンズ ブラック CO3012-1
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. poporon より:

    12/14(月)フォリオ伊勢崎安掘店にて、オーバーサングラス スリムタイプ DGS-103K 黒と茶色の2種類が販売されており、購入いたしました。天地幅のある眼鏡だと掛けることはできませんが、オーバル、スクエアタイプの眼鏡だと装着できそうです。

    • ダニ男 より:

      詳細レポートありがとうございます。
      Drスランプアラレちゃんのような大型フレームの場合はさすがに無理ですね。