牛革キーホルダーを使ってカメラ用ネックストラップを自作した

咲くも桜、散るも桜。
先日の大雨で河川敷一帯に咲いてた桜の大部分が飛び散ってしまいました。
日曜辺りに菓子とかドリンクを持参して一人花見でもしようかと思ってたけどもう無理っぽい。
諦めて家で一人寝しておくとしますか。

ところで、近日久々の家族旅行に行くことになりました。
特に予定してたわけでもないのですが、親父が諸事情で行けなくなったので代わりにお前が行け!という話になりカメラマンもかねて行くことになった次第。
そういうわけで、今回は写真撮影用にとカメラ用ネックストラップを自作してみました。

用意したもの

P4070194

THE LETHER KEY CHAIN
牛皮ビジネス キーホルダーベルト通タイプ
2個

購入店はダイソー。
以前、熊除け鈴を作った時にも使用したキーホルダーです。

P4070195

素材は贅沢にも100%本革製。
フックと円形リングが備わっているのでキーホルダーとしても普通に実用価値が高そうな感じです。

カメラ用ネックストラップ2

こんな風にフックとカメラ側の金具に取り付けます。

P4070198

ストラップの代わりに使うのがストレッチチューブ。
こちらはダイソーで買ったものではなく、以前キャンドゥで買ってあった在庫品です。
キーホルダーを買う時ついでにストラップ素材も探してみましたが良さそうなのがなかったので、家にあったこのゴムチューブで代用することにしました。
長い間、使ってなかったのである意味廃材利用です。

作りかた

P4070201

チューブとキーホルダーを結合します。
といってもただ結ぶだけですが、万が一にも外れてデジカメ落としたら大ショックなので念入りに結びます。

P4070202

一度通した状態からもう一度結び目に通すという秘技2度穴通し(今名付けた)。

カメラ用ネックストラップ3

おおむね完成した様子。
あとはリングと余りチューブは邪魔なんで取っぱらうだけです。

カメラ用ネックストラップ4

ネックストラップ作成完了。
さて、旅行の準備でもするとしようか。

感想

以上、即興で作ってみたカメラ用ネックストラップの紹介でした。

制作費300円のわりには、見た目については牛革キーチェーンの品質が良いのが功を奏し、けっこう「本格派」っぽい風貌をしています。
首にかけると、お前いつカメラマンになったの?って感じの見た目。
100均自作コーナーとしてはわりと成功の部類に入のではないでしょうか。

問題は使用感はどうなんだ?って話ですが、一応ストラップ部分はトレーニング用の強度の高いゴムチューブなのでそう簡単には千切れることはないと思ってます。
でもまあ、途中でカメラを落としたらやっぱりどエラいこと。
その辺は注意しながら使ってみる必要がありそうです。

そういうわけで、ひとまず旅行にはこのネックストラップをかけてカメラマンをやってきます。
詳細な使用感想については後日「追記」という形で書いてみる予定です。

おわり

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする