so-netブログ時代に書いた記事→worspressへ。引っ越し作業を始める。

hikkosi

どうも、タニオです。

ここ最近は100均ネタの発掘もそっちのけにして、旧ブログ(so-net時代)に書いた記事をこちらのブログに移し替えるための作業に没頭しています。

新ブログ(タニオの100均生活)を開始してから半年が経過してるので今更引っ越し作業?という気もしないでもないですが、閲覧者のユーザビリティを重視するのなら一つのブログにまとめて記事管理した方が断然良いのは確か。
なので、少々面倒くさいけどいっちょやってみることにしました。

※今回は100均ネタは関係ない話なので申し訳ございません。

旧ブログ記事を移動するにあたっての課題

旧いブログ記事を新ブログに移すにあたっての作業は、それほど複雑な手順を必要とするわけではありません。
基本的にコピペで一記事づつ移していくのもアリですし、MT形式で記事ファイルをダウンロードしてインポートするのもアリです。

問題は記事を移動した後に発生します。(←何?!)

それはつまり、

検索エンジン(Google)からペナルティを受ける恐れがある

ということです。

ペナルティーを受ける根拠というか流れはこんな感じです。

①旧ブログ記事と新ブログの記事内容が重複する
②検索エンジン(Googleロボット)から、重複コンテンツ=コピーコンテンツと判断される可能性が発生
③新ブログがコピーサイト=悪質なサイト扱いとなりインデックス(Web上)から抹消される

記事を移し替えるのは簡単(手間はかかるけど)ですが、そのまま何も考えずどんどん記事をこちらの新ブログに移動させていくと高確率で重複コンテンツ(コピーサイト)扱いとなり、最悪の場合Googleの検索エンジンから悪質なコピーサイト扱いされ新ブログ自体がweb上から抹消されてしまう危険がある、ということです。

自分の書いた記事なのにコピーコンテンツ扱いとは…なんとも理不尽な感じがします。
しかし、検索エンジンはロボットなので個人の都合を簡単には汲み取ってくれません。

では、一体どうすればいいのでしょうか?

301リダイレクトを使用するのがベスト、だが無料ブログの場合はそれがデキナイ

検索エンジンからコピーコンテンツと間違われないためにはいくつかの方法があります。

一応、一番ベストといわれている方法が301リダイレクトといわれる方法で、この301リダイレクトを利用することで旧ブログ→新ブログへ移転したという事実を明確に検索エンジン側に伝えることが可能です。
この方法を適切に行えば、そのサイトはスパムサイトとして判断されることはまずありません。
おそらく一番推奨されているブログの引越し(移転)方法となります。

(301リダイレクトか…そんなナイスな方法があるのなら利用しない手はないな…
いっちょやってやるか!!)

気合を入れ直し、301リダイレクトのやり方を調べてみましたが、ここで再び関門が立ち上がります。

301リダイレクトを行うには「.htaccsess」というファイルをサーバ上に置く必要があり、無料ブログの多く(というかほとんど)はこのファイルを設置することが出来ないようになっているということが分かりました。
つまり、、so-netブログも「.htaccess」ファイルを設置することは出来ないということです。

301リダイレクト作戦失敗!

では、一体どうすればいいんだ?

cannonicalとmeta refreshという手段はどうなのか?

301リダイレクトを設置出来ないブログサービスの場合、代替案として「cannonical」と「meta refresh」タグをhtml上に記述する方法があるそうです。(←おっ!)

しかし、この方法もあくまで代替案であって、その確実性ははっきり言ってかなり曖昧だそうです。(←な、なんや)

SEO関連の解説ページを見ても301出来ないのならコレでイイんじゃない?と、推奨してるところもあれば、あんまオススメしないなぁ…と否定的な意見のページもあるので、正直どっちなんじゃ?と頭が噴火してしまいそうになりました。
とにかく「cannonical」と「meta refresh」タグを利用する方法は明確な回答が困難なほど曖昧な手段というのが現状のようです。

僕的には最初これでいこうと思いましたが、数ページくらいの移転ならいざ知らず、100ページ以上ある記事全てにmera refreshを記述するのは流石にどうなの?と疑問がよぎりました。
さらにいえば、so-netブログは記事ごとにhtmlを組んでいるわけではないので、タグの記述内容を間違えたらえらいことになりそうです。
なんか悪い予感がしたので、この手段はリスキーだと判断し結局やめることにしました。

最終的に取った手段

sakujo

では、一体どうすれば良いのだ?
↑何度も同じことすみません。

考えあぐねた結論を言います。

・過去記事を修正(リライト)して新規記事として投稿する
・重複扱い回避のため旧ブログの記事はほぼ捨てる
・web履歴も残ってるので、google search consoleからキャッシュも削除する

上記のやり方は、今まで検索エンジンから得た評価を一切合切捨てるに等しい行為ですので躊躇がないわけではないです。
しかし、コピーコンテンツとして扱われるリスクを回避するためには仕方ないことだと割り切る勇気を持つことにしました。
このままso-net上に記事を置いてても腐らすだけですから。

今後の予定

まあそういうわけで、一応の方針を定めたので今一度作業の流れを書いておきたいと思います。

①so-netブログ時代の記事内容(画像含む)を新ブログに一度移す。
※この時点ではまだ公開はせず、下書き状態

②google search consoleからweb上にインデックスされたURLを削除してもらう。
※キャッシュの存在は新ブログにとっては邪魔なため

③so-netブログ上のhtmlヘッダー内にnoindex.noarchive.cannonicalタグを追加する。

記述例:
<meta name=”robots” content=”noindex,follow,noarchive” />
<link rel=”canonical” href=”http://新ブログURL/” />

④数日ほど様子を見、web上に旧ブログの痕跡がなくなったことを確認したのち、新規記事として順次公開していく。
※リライト作業も兼ねているので1日5記事程度の公開

⑤後日、旧ブログのトップページに「移転した」という内容だけを残し、投稿していた記事や画像を全部消去する。

以上の手順で記事の引っ越し作業を進めていくことにします。

*

最後、長々とここまで書いておいて言うのもなんですが、今回紹介した手順は多分ベストなやり方ではないと思います。
最悪コピーサイト扱いされなかったらそれで良い、あとは初心に戻って良質な記事をどんどん増やしいくことに労力を費やす…。
面倒なことは最小限にして、やるべきことに最大限のパワーを注入したいものですね。

おわり

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする