アロマキャンドルとキャンドルポットで癒し空間を実現する

今回のテーマは「癒し」です。

人は常に癒しを求めてる..といっても過言はありません。
僕もかなり癒やしに飢えた日々を送っています。
とにかく、癒されたい!

…まあそんなわけで、キャンドゥでアロマキャンドルとキャンドルポットを買ってみました。
キャンドルの火を見て冷えた心を温めてみたいと思います。

※旧ブログ(2014-9-4初投稿)からの再編集記事です。

キャンドルポット

アロマキャンドルとキャンドルポット

なんてこともない商品ですが、左がキャンドルを入れるためのポットで右がアロマキャンドルです。
二つ買ったので200円。
これで癒やされるのなら安いものですね。

キャンドルポット2

キャンドルをポットにこのようにセットしまして…。

キャンドルポット3

火をつけます。

キャンドルポット4

そして、部屋の灯りを消します。

…おおお、なかなか良い雰囲気になりました。
どことなく神聖な雰囲気というか、火を見ているとなぜか落ち着く自分が怖いです。
癒されるわぁ〜…。

感想

一人でキャンドルを見つめていると、癒されると同時に何かむなしい気持ちになりました。
あまり集中して火を見過ぎると精神に異変をきたす可能性があるので要注意です。

ススの出にくいキャンドルを使おう!

余談ですが、
今回使ったキャンドルは石油系の材料で作られているため、燃やしたらススがけっこう発生します。
なので、身体にはあまり良くはないでしょう。
まあ、たまにやる分にはそれほど気にするほどのことはないでしょうが、頻繁にキャンドルを灯すという人はススの出にくいキャンドルを使った方が良いと思います。
植物由来のキャンドルなんかはススが出にくいそうです。

最後、火の始末には気をつけましょう!

おわり

ノーザンライト社 蜜蝋キャンドル ティーライト (3個入り) 一言コメント:
蜜蝋キャンドルは煤が出にくいということで環境にも優しいキャンドルだそうです。少し高めになりますが。
ノーザンライト社 蜜蝋キャンドル ティーライト (3個入り)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする