発泡スチロールブロックで棚を作る!

どうも、おひさしぶりです。
蒸し熱い季節の到来となりましたが、こちらは相変わらず100均通いを続けております。
つまり熱さに負けず貧乏生活を続けているというわけです。ガハハハ!

…さて、
今回の100均ネタなのですが、ダイソーの発泡スチロールのブロックを作って物置き棚を製作したのでその手順を公開したいと思います。

※旧ブログ(2014-7-29初投稿)からの再編集記事です。

発泡ビッグブロックで棚を作る

発泡スチロールブロック

商品名:発泡ビッグブロック
サイズ:370×180×95mm
価格:200円

この発泡スチロールブロックを棚の足代わりに使うので、同じのを8個購入することになりました。
かかった費用は1600円と税。
100均商品にここまで費やしたのは今回が初めてかもしれません。

発泡スチロールブロック1

組み立て方の手順の解説です。

まず、ブロックのはしに両面テープを貼りつけます。

発泡スチロールブロック2

発泡ビッグブロック二つを縦方向にくっつけます。
強力タイプの両面テープなので簡単には取れたりしません。

これを合計..4つ作ります。

発泡スチロールブロック3

重ね合わせた発泡スチロールブロックをT字型に左右逆に置きます。
※ここは別にT字型に置かなくても良いと思いますが、なんとなくデザイン重視でこうしています。

後は、棚板を乗せれば晴れて完成です。

…なんかあっけなく終わってしまいましたが、ひとまず棚は組み立てられました。
ちなみに棚板には何も加工はしておらず、そのまま置いただけです。

発泡スチロールブロック4

この発泡ビッグブロックで作った即興の棚、高さが75センチほどあるので下に椅子や生活雑貨を置いたりすることが出来ます。

一言、

こりゃ便利!!

感想

棚を製作したゾ!
と自慢できるほど大袈裟なものではなかったですね。

棚板の上にはいろんなモノを置くことが出来ますが、あまり厚みのない棚板なので合計30㌔くらいまでが置ける限界かなと思っております。
おそらく強度的には70キロくらいまでは耐えれそうですが、そこまで重いものを乗せることは多分ないでしょう。

この格安発泡スチロール棚板の特徴は以下のとおり。

・見た目がスッキリ!
・移動も加工も楽!
・地震とかには弱いっぽい?

まあこんなもんでしょうか?
あくまで即興で作った棚なので強度面では不満(不安)もあります。
しかしまあ、部屋を簡潔かつ小ざっぱり整理したいという場合なんかにはわりと良いと思います。

用意したのは板と発泡スチロールブロック、そして粘着テープ。
電気ドリルで加工する必要もなく簡単に作れるので、シンプルな生活を営んでいる人にはオススメです。

おわり

スチロールブロック ブラック W390×H100×D190 スチロールブロック ブラック W390×H100×D190 /td>
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする