話題のキャンドゥのストリングイヤホンを購入した!音質はどんなもんだ??

キャンドゥでストリングイヤホンという名のイヤホン(ついでにイヤーピースも)を購入したのでちょっとレビューしてみます。

ちなみにこのストリングイヤホン、某掲示板においてこれはなかなか良い!と高評判でした。
必要に迫られてというよりは好奇心からの購入となります。

※旧ブログ(2014-2-1初投稿)の再編集記事です。(・ω・)ノ

音がクリアに聞こえるストリングイヤホン

買ったのはこちら、その名もストリングイヤホン。

通常ケーブルってのはゴム状の素材で被覆されてるのですが、こちらのストリングイヤホンは糸状(つまりストリング)のもので覆われてるのが特徴となります。

同時に買っておいたのが交換用のイヤーピース。
三段スパイライルなので音漏れがおきにくく耳にフィットしやすいとのこと。

ケーブルがストリング形状というのは市販イヤホンではあまりお目にかかれない形状です。
利点は多分ケーブルが絡みにくいってことでしょうか?

聴いてみた感想

パッケージには「クリアに聴こえる」と書かれてましたが、率直なところ高音成分はあまり鳴りませんでした。
どちらかといったら、中低音に特化したイヤホンですね。

全体的な音像はボケた感じで、音の解像度やクリア感で言えば手持ちのパナソニックの一番安いイヤホン(1000円しないやつ)よりも劣ってると言わざるおえません。残念ながら。

まあそんなわけでして、総合的な評価はやはり値段なりの安物イヤホンといったとこで落ちつきそうです。

おわり

追記。評価を変えた。低解像度が良いこともある!

上記では下げ感想を書きましたが、今しばらく聴いてみたらまた印象が変わったので追記として書き記しておきます。

CD音源を直接聴いた限りは概ね上の感想になりますが、音質がそれほど良くない、ひと昔前にレコーディングされた楽曲を聴いた場合だとわりと聴かせてくれることに気付きました。

YouTubeを中心にファミコン音源、懐アニメソング、60年70年代のオールディーズetc..色々聴き漁ったところ、やはり昔の曲ほど意外なほど心地よく鳴ってくれてます。

ん~、不思議。。なんでだろう?

..おそらくですが、イヤホンとしての解像度が低いのがむしろ幸いして、音の破綻が少なくなり粗(あら)が目立たないからでは?と推測。
つまるところ、純粋に楽曲そのものを楽しめてるんじゃないかな..と。

あくまで推測の範疇ですが、そういう意味ではかなりうまく誤魔化されたイヤホンといえるんじゃないでしょうか。

とりあえず、ストリングイヤホンの感想はここまで。

イマドキの音圧が高く、高音キンキン鳴るような楽曲には向いてないイヤホンですが、アナログ時代に録音された粗めの音源が好きな人には受け入れられるイヤホンだと思います。
なんだかんだで悪くないイヤホンですよ。

おわり

【国内正規品】SHURE カナル型 高遮音性イヤホン SE315 ブラック SE315-K-J 一言コメント:
SHUREの高級カナル型イヤホン。20000円以上する商品なだけに世界が変わりそうです。
【国内正規品】SHURE カナル型 高遮音性イヤホン SE315 ブラック SE315-K-J
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする