ダイソーで買った「買い物カゴ」をスーパーカブの荷物入れに活用してみる

今回は趣味性の高い記事になります。

ダイソーで買ってきた買い物カゴを愛車スーパーカブ90の荷物入れとして使ってみることにしました。
取り付ける際に、一緒に購入した100均アイテムが幾つかあるのでその辺も併せて紹介してみたいと思います。

※旧ブログ(2012-9-1初投稿)の再編集記事となります。

用意したものたち

スーパーカブカゴ自作6

①結束ゴムロープ

カゴとキャリアを固定するのに使います。
10mm×60cmが4本入り。
日本製。
コスパ的にはわりと高いと思いますが、このゴムロープ..日本製にも関わらず異様にゴム臭かったです。
まあ、ゴム製品なのでゴム臭くて当然かもしれませんがとにかく臭かった。
臭臭臭..。

スーパーカブカゴ自作5.

②買い物カゴ

今回の主役「買い物カゴ」。
形的にバイクの荷物入れとして使えそうな感じだったので流用してみることにしました。
値段はダイソーとしては高額商品に属する315円。
製造国はタイ。

スーパーカブカゴ自作4

③自転車のカゴネット

カゴの中に入れた荷物が飛び出さないようにするためのネットです。
サイズは28×28。
made in china.

スーパーカブカゴ自作4.

④結束バンド(黒)

ゴムバンドだけだと強度面でなにかと不安なので、結束バンドを数本付け加えてより頑強に補強します。

以上、
買い物カゴ収納ボックス化にあたり、かかった費用は合計600円プラス税。
この金額が高いと感じるか安いのと感じるかはあなた次第!

取り付ける

スーパーカブカゴ自作3.

初期手順をはしょっていますが、手順はこんな感じ。

①キャリアと買い物カゴを結束ゴムロープでしっかりと固定する
②結束バンド10本程度使ってさらなる補強を加える

結束バンド単品で固定する方法もありますが、走ってる最中に落っことしでもしたらマズイのでゴムロープを下地に固定してます。
結束バンド一本あたりの強度が20キロと仮定すると、10本で200キロの重さに耐えれるハズ。
それに加えてゴムバンドも通してるわけだから、大事故にでも遭遇しない限りは大丈夫でしょう。
多分。

スーパーカブカゴ自作2.

カゴネットを装着して取り付け完了。

スーパーカブカゴ自作1

なんとも言い難い姿ですが、まあヨシ!としておきます。

感想

ツッコミどころは沢山ありそうですが、わりと良い感じに取り付けられたと思います。
黒の買い物カゴもカブという質実剛健バイクにマッチしていてあまり違和感はない感じ。
これなら600円という大金を支払った甲斐はギリギリありました。

後の課題..は雨!

しかしまあ、箱型のちゃんとしたボックスじゃないので、雨が降ったら中が濡れてしまうのはやや難点です。
雨風ノーガード状態ですから。
一応、カゴカバー的なものを被せる予定ですが、ちゃんと合うサイズのがあるのかどうか..はまだ確認してません。
元が買い物カゴ用なんでその辺は少し探してみる必要がありそうです。

おわり

アイリスオーヤマ ボックス RVBOX 密閉 カギ付 460 グレー/ダークグリーン 幅45.5×奥行36.1×高さ35.1cm アイリスオーヤマ ボックス RVBOX 密閉 カギ付 460 グレー/ダークグリーン 幅45.5×奥行36.1×高さ35.1cm
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする