かもいフックを利用したヘッドホンスタンドを作ってみた(2017再)

かもいフックは住まいの「鴨居」部分に取り付けて使用するフックのこと。
ハンガーやゴミ袋が引っ掛けれるようになるのでけっこう便利なアイディア商品だったりします。

そんな便利極まる(は言い過ぎか?)かもいフックですが、かつてヘッドホンの吊り下げスタンドとしての活用を試みたことがありました。

こちらがそのかもいフック式ヘッドホンスタンド。
作ってみた!って大袈裟なタイトル付けだけど、実際はただデスクの端っこに取り付けてただけです。

パッと見は「いいやんコレ!」ってな感じ。
ですが、しばらく使ってるとフックごとボテっと落ちてしまうんですね。
机の厚みが足りなかったのが原因みたい。

まあそんなわけでして、結局この初代かもいフック式ヘッドホンスタンドはお蔵入りすることとなります。

2017年2月 2代目かもいフック式ヘッドホンスタンドを設置する

初代から数年が経過。

永らくヘッドホンスタンドとは無縁の生活を送ってましたが、ここ最近新しくヘッドホンを買ったので再びかもいフック式ヘッドホンスタンドにチャレンジしてみることにしました。

かもいフック

こちらが新しく買ったかもいフック、商品名はその名も「ワイドフック」。

購入店は前と同じくキャンドゥですが、耐荷重量が2Kgと幾分重たいものでも引っ掛けれるようになってます。

とりあえず、長年愛用してきたビクターのRX700を試し掛け。

一応吊るせるには吊るせてるけどかなりアンバランス..というかただ引っかけてるだけなんでちょっとした振動で落ちてしまいますね。
駄目だこりゃ。

新しく買った(クリエイティブのアルバナライブというやつ)のだとわりと良い感じです。

結局のところの感想

目的達成度でいえば半々、まま及第点といったところですね。

フックがそれほど長くないのでRX700みたいに大きめのヘッドホンだと引っ掛けるのがそもそも難しいみたい。
ポータプロやアルバナライブのように細めタイプのヘッドホンだとかもいフックは十分実用可能と判断して良さそうです。

RX700の方をどうするかがちょっとした問題ですが、それについては今度バナナツリーなるバナナスタンドを買ってきて吊るしておこうと思います。
捨てるのもアレだし、その辺に放置しといたら踏んづけてしまいそうだからね。

おわり

ALCTRON MAS003 ヘッドホンハンガー 一言コメント:
まったく同じ理屈のヘッドホンスタンド(ハンガー)が売られていました。こちらの方がクランプ式なのでガッチリと固定されてくれそうな感じです。
ALCTRON MAS003 ヘッドホンハンガー
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. noise より:

     参考商品を見て片持ち式のペーパータオル・ホルダーに似てると思いました。
    場所によっては、マグネット式のペーパータオル・ホルダーが使えるかも知れませんね。
     私はラックの側面に取り付けたワイヤーネットに、ロングタイプのフックを付けてヘッドホンをかけています。

    • タニオ より:

      コメントありがとうございます。
      写真のパソコンデスクはすでに処分したので今は完全に床置き状態です。
      部屋が狭いので大型サイズのヘッドホンを買ったのはちょっとした失敗でした。
      ワイヤーネットを使う方法は、今後の参考にさせて頂きます。