タニオのキャンドゥまで歩く旅物語

こんばんわ、タニオです。

三連休の最後ですが何処にも行くあてがなかったので、暇つぶしと運動(ダイエット)をかねて隣町にあるキャンドゥまで歩いてみることにしました。

一昔前のPCゲームのような雰囲気で、
読んでもらえれば幸いです。

スタート地点

(ここは一体何処だ??)

…場所は家の近くにある公園、というわけではないですが、一日に一体何人の人がここに座るんだ?ってくらい寂れた公園が住宅路の片隅にありました。

畳み8畳分くらいの小さな公園。

なんのためにこんな小規模な公園を作ったのか謎です。
今回の旅のスタート地点としては相応しいオーラを発してました。

冬の寒空の下をとぼとぼ歩く、、。

本来なら今時分(1月)の季節は身を縮こませながら歩くものだけど、今年は異様ともいえる暖冬。
ぶっちゃけ全然寒くありません。

踏み切りにあった面白い絵。

何気ない風景を楽しみながら歩くというのも時には良いものです。

廃寺に立ち寄る

(ここは何処だ?)

頭を無にしてボ~~~~としながら歩いてたら、いつの間にか猫の住む楽園にやってきてたようです。
猫がニャンダお前はとこちらに睨みかけてきます。

猫の住む楽園にはどういうわけかお地蔵さんが多数置かれてました。
横の看板によると、
かつて寺があった場所(今は廃寺)と書かれてました。

何度も通ったことのある場所ですが、いざ調べてみると思わぬ発見があるものですね。

こっちには何があるんだ?

廃寺跡地の裏にやってくると、またまたどういうわけか知りませんがナイチンゲールの銅像が建ってました。

…こうして見るとけっこうカオスな街に住んでるんだな…と実感してしまいます。

とりあえず、祝福を受けた!ということで先に進むとしますか。

えびす祭りに参加

(ここは何処だ?)

…駅を二つ隔てた街の片隅になりますが、今時珍しいまでにoldルックで近寄りがたい雰囲気をしたアパートがあったので思わず写真を撮ってしまいました。
どんな猛者が住んでいるのかかなり気になります。

夕暮れ時ってなんだか寂しいな…。

目的地であるキャンドゥまでもう目の前..という所までやって来たわけですが、なにやら大勢の人が集ってどこか向かっています。
なんなんだろう?

どうやらえびす神社でお祭りが行われてるようです。
可愛い巫女さん達がいたので顔も心もほころびました。

活力回復!!

思いおこせば、
このえびす神社に来るのは何年ぶりになるだろうか…。

多分100均キャンドゥに行くという目的がなかったら多分永遠と来なかったでしょう。

キャンドゥに着く

旅の終着点であるキャンドゥに無事到着です。

そして、、買ったもの。
以下の三点。

・植物性石けん「炭」
・SHOESBAG
・粘着式のマジックテープ

特に目的を定めてキャンドゥまで行ったわけではないので、店に入ると何を買ってよいものかけっこう悩みました。
正直欲しいものがなかったのでそのまま帰ろうかとも思いましたが、せっかくここまで歩いてきて手ぶらで帰ったんでは何しに来たんだかわかりません。
本能の赴くまま直感で選んだのが上記の3点です。
pはたしてこれらの商品を選んだことが正解だったのか否かについては、またの機会に紹介してみたいと思います。

おわり

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする