水を入れて使うウォーターダンベルの使いどころ

どうも、タニオです。

100均には筋トレ器具もいくつか売られていますが、今回買ってみたのはその中でも定番中の定番その名も「ダンベル」です。
ただし、鉄製の重たいのではなく水を入れて軽くエッチラオッチラするタイプのものです。

ダイソー ウォーターダンベル

こちらがそのウォーターダンベル。

購入店はダイソー。
ポリ容器の中に水を入れたら1キロの重さになります。

ダイソー ウォーターダンベル

こんな感じにゴムロープでくくりつけてみました。
何やってんだ?って感じですが、僕の場合これで首回りの筋肉を鍛えてみようと思ってます。

重量が軽いので筋トレビギナー向き

ダンベルとはいっても片方1キロしかないので本格的なパルクアップには不向きです。
どちらかといったら、お年寄りや女性、リハビリなど重たい物を持てない人向けのダンベルです。
大の大人がこれ一本で立派な力こぶを作るのは流石に無理ですね。

繊細部位を鍛えるのには良いかも?

上にも書きましたが、僕はこれで首を太くしたいと思います。
首が細いと貧弱で格好悪いですから。
やり方は、ウォーターダンベルにゴム紐をくくりつけ、頭に孫悟空のように引っ掛けて首を上下させる..というもの。
首には繊細な神経郡が密集してて、重たいバーベルでは首を痛めてしまう危険がありますが、このウォーターダンベルだと重量が軽いので首を痛める心配はありません。(多分)
首に限らずですが、通常の筋トレでは鍛えにくい部分の筋肉にちょっとした刺激を与えるのには程よい重さといえます。

砂を入れるという方法もあり

ある程度筋肉がついてきたら、おそらく1キロという重さに不満を持つようになると思われます。
そんな時は、水の代わりに砂を入れて重量を上げるというのもアリです。
なんか最初からちゃんと重たいのを買えよって感じもなきにしもあらずですが、自分にとって負担にならない重量で地道にトレーニングをするというのが筋トレ道には肝要です。
無理して重たい重量を扱って関節を痛めでもしたら一生モンになりかねませんから。

おわり

アーミーダンベル 10kg×2個セット レッド LEDB-10R*2 錆びません! [ダンベルトレーニング 筋トレ] アーミーダンベル 10kg×2個セット レッド LEDB-10R*2 錆びません! [ダンベルトレーニング 筋トレ]
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする