「お前、口臭いよ」と指摘されたらどうする?ひとまず、歯間ブラシで掃除しよう!

口 臭い

世の中「口臭き人」というのが存在します。

大人の世界ともなると、口臭き人に遭遇しても面と向かって「あんた、口臭いよ!」とは言い辛いものです。
口臭キツイな~と思ってても、たいがいの場合は我慢するか呼吸をなるべくしないようにしてその場をやり過ごします。
これは対人関係を穏やかなモノにするための処世術の一つです。
また、自分自身が汚臭元になって悪臭を撒き散らしてしまってるケースを想定しての保身行為も少なからず含まれてます。

自分の匂いは、自分では分からない

↑これが正解です。
自分は臭くない(無臭)と思っていても、それは単に自分の匂いに慣れきっているだけで、実際は独特な匂いを撒き散らしてしまってる可能性を考えておかなければなりません。

ワキガや内臓疾患からくる悪臭はどうしようもないですが、口臭(歯が臭い)においては本人の努力次第で改善できます。
そういうわけで、今回の100均ネタは口の中を清潔にするためのアイテム「歯間ブラシ」です。
これで口臭道徳を守ってみたいと思います。

ダイソーの歯間ブラシ2

こちらが今回買った歯間ブラシ5本入り。

購入店はダイソー。
製造国は、made in japan!
ではなく、台湾。
それぞれ保管に便利なキャップが付いてるんでかなり衛生的ともいえます。

ダイソーの歯間ブラシ1

サイズは3種類。
SSS、S、M(SSがないのはなんで?って感じ)。
あまり太いサイズだと口の中が血塗れになってしまうので真ん中サイズのSを選びました。

さて、使い心地はどんなもんだろうか??

歯間ブラシの効用について

歯間ブラシを使うことで、歯の隙間にたまった歯垢(しこう)を取り除くことが可能です。
歯垢とはつまり…詳細はいかのとおり。

歯垢について
歯垢(しこう、Dental plaque)とは、一般に歯牙表面に付着した黄白色を帯びた粘着性の物体のことを指す。厳密には歯牙との接触面は獲得被膜ペリクルと呼ばれる被膜で覆わ れており、その上に形成されたものが歯垢である。デンタルプラーク、また単にプラークと呼ばれている。俗に歯屎(歯糞、はくそ)、歯滓(はかす)とも呼ば れる。近年、バイオフィルムとして認識されるようになった。(wiki引用)

ぶっちゃけ歯糞!
臭そうな響きですね。
この歯垢を放置させていると、やがては歯石(唾液に含まれるカルシウムが固まる)となり自分の力で取り除くのが困難になります。
歯医者に行って歯科衛生士さんにガリガリ削ってもらわないといけません。
アガガガガガガガ…ってなるやつ。
あれ、けっこう嫌ですね。
常日頃から歯間ブラシでしっかり磨いておくのが大切というのが分かったかと思います。

2種類買って場所によって使い分けるのもアリ

近々歯医者に行く予定なので、あの煩わしい歯科衛生士からの歯の掃除地獄(2〜3回通わされる)を少しでも減らすことが出来たら、と願いをこめて歯間掃除をすることにした次第です。

歯ブラシは毎日してて衛生面では気を付けてたつもりですが、いざ歯間ブラシをしてみるとカスがけっこう溜まってました。
地味にショック。

歯の間もSサイズでガバガバな所もあればキツキツな所もあったので、無理やり入れてゴシったので血が出てかなりスプラッターモードになりました。
僕の場合は、一番細いSSSサイズのが良かったみたいです。
というか、2種類買って使い分けるのがベストなのかもしれません。

しかしまあ、歯間掃除をしたせいか、息も爽やかブレスになりました。
これで当分は汚臭元とならなくて済むでしょう。

おわり


クリニカアドバンテージ デンタルフロス Y字タイプ 18本 クリニカアドバンテージ デンタルフロス Y字タイプ 18本
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする