何気にコスパ最高か?あすなろの木を使った純日本製はし(箸)

長引く雨、そして台風。
家にいてもやることないのであまり紹介しがいある100均ネタとは言い難いですが、ひとつ紹介してみるとします。

あすなろの木を使用した箸2本組

ちょっと前同じのを買いましたが、不注意で一本折ってしまいました。
僕の場合、お箸は常に2本持ってないと気が済まないタチなので再び買い足した次第です。

購入店はキャンドゥ。

一見すると、ただのお箸ですがそのじつ本当にタダのお箸です。

しかしながら、製造内容は豪華です。
使用材は能登特産のあすなろ材(ヒノキ科の木)。製造は石川県輪島市。つまるところ、製造から使用材に至るまで一貫した純日本製のお箸となります。

見てくれは極めて均整のとれたお箸。
これが二本組みセットで100円なわけですからね。しかも、MADE IN JAPAN!

100均ハシ界隈では最上位に属する箸なのは間違いないでしょう。

感想

なろうなろう明日はヒノキになろう

とは思いつつもヒノキにはなれないとは..なんて哀しいアスナロの木。
でも、学術的にはヒノキ科には属してるんで、もうヒノキ扱いでいいやんって思うのは僕だけでしょうか?

..さて、お箸の感想だけど、軽いながらも芯のあるつまみ心地ですね。
変色したプラスチック箸使ってる時は気にしませんでしたが、このお箸使うと食べ物が3割くらい美味しく感じられます。やっぱり、お箸もちゃんとした材のを使わないといけんなーとあらためて思いしりました。

オマケ 箸の持ち方講座

箸のことを調べてると正しい箸の持ち方なるものが存在してること知りました。

自分のは正しい持ち方かな?と思い、見比べましたら概ねは正しいみたい。100点満点はもらえんでしょうけどね。

ポイントについてはアレコレ長く書いてるの多いですが、とにかく親指、人差し指、中指の3本でバランス良く持つこと。
食べ物をつまむ時は中指を軸にして、箸先の精妙にコントロールします。

あとは実践練習あるのみ。
数をこなせば上達していきますが、上達しない人は別にそれで良いです。個性ってことで。

間違った持ち方例でよくある形。

僕は見たことないですが、山猫かなんかに育てられた人はこういう持ち方になるのかも。

クロス箸。どうやってご飯摘むんだ?と思いますが、稀にしてる人いるみたいです。
むしろスタンド的な特殊能力持ってる可能性アリなので、上級者向け持ち方の方向で見直した方が良いんじゃないかな?

おわり

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク