ペットボトルをダンベルとして再利用出来るアタッチメント、ダンベルジョイント

やたらと雨が続いてるせいで気力的にややしなびつつある今日この頃。

こうも雨だと運動にも行けません。家にいるとゴロゴロしてばかりだし、そんな日が1週間続いたせいか気付いたらお腹周りがやけにプヨってるんですよ。こりゃいかん。

まあそんな事情から、家に居る時でも最低限の運動は筋トレはやっとく必要性アリという結論に至りました。
体鈍らしとくと、いざという時行動することが出来なくなるからね。

そこで、といってなんだけど今回は家の中で筋トレするのに役立つであろう100均フィットネスアイテムを一つ紹介してみたいと思います。

ペットボトル2本を装着して使用するダンベルジョイント

一見ナニコレ?な外観してるけど、こちらがペットボトルに取り付けるためのダンベルジョイント。
その名のとおり空きペットボトルを再利用しダンベル代わりに使うためのアイディア商品的アタッチメントです。

購入店:キャンドゥ
適応サイズ:口径28mm
材質:ポリプロピレン ゴム
made in china.

使い方はとても簡単。
水を入れたペットボトルをクルリとそのまま差し込むだけ。

即席ラーメン並みの早さで4キロのダンベルが出来上がりました。

持ってみた感じはというと、おお..程よい重量感あってまさしくダンベルではありませんか。
うむ、こいつぁ筋肉に効きそうだぜ!

重さ調整は可能なのか?

「コレって4キロまでなの?砂とか入れてもっと重くすること出来ないの??」

という質問が押し入れの中から出てきたので答えておきます。

たしかに砂を入れれば重量は増やせますが問題がありまして、商品説明には耐久性のこと考えてか「4キロまで」と書かれてます。
つまるところ、無理に重量を増やすとプラ素材がポキっと折れてしまう危険性があるということでしょうか?
とにかく、砂とか入れるのはよしといた方が無難です。

◼︎4キロ以内なら重さを変えることも可能

4キロ以上はNGっぽいですが軽くする分には別に問題はありません。
別途、500mlや1Lのペットボトルと組み合わすことである程度重さ調節することは可能です。

感想

まあそういうわけで、久しぶりに4キロダンベルを持ち下げしてみました。

腕周りが軽く筋肉痛になったので大分なまってたことを強く実感。
いやいや..やっぱり筋トレというのは定期的にしっかりやっとかんとダメだなーと改めて思いましたよ。反省反省。
明日からちゃんとした筋トレを導入してムキムキマッチョを目指し頑張るとします。

おわり

追記

なんかスゴい画期的なアイテムみたいに書いてしまった感あるのでちょい修正を。

ペットボトルというのはゴミなのでそれをリサイクルして筋トレに活用出来るのはなかなかナイスなアイディアです。

ですがね、、いざ作ってみるとけっこうかさ張ることにも気付くんですね。
鉄のダンベルと比べると場所の独占具合が倍以上違うわけだからこれはもうしょうがないですが。

あと、よくよく考えると最大重量が4キロというのも本格的な筋肉育成には全然足りない数値。
砂入れて持ち上げ出来るくらい耐久性アップすれば良いのだけれど、そうなるとペットボトル側がヤバそうだしね..。

ん〜、なんだかんだで難しい。
最初っからちゃんとしたダンベルセット買えば?って話になりそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク